« ツリー・オブ・ライフ | トップページ | 2011年映画ベストランキング »

2011年8月30日 (火)

モールス

この歳になっても、無知だった、と痛感しつつ、心地よいなんてことが起きるものです。ホワイトです。

テレビが我が家で稼働しなくなって、半年。
マスコミの垂れ流すミクロで画一的な情報とおさらばしたのはいいのですが、それに代わる情報源をどのように得たらいいのやら。

モールス

Photo

 

監督:マット・リーヴス

出演:クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の映画のチケットを買いに行ったら、『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット監督のホラー作品が上映しているに気づいたので、なんとなく観るか、と思って観てみました。

なにーーー!

この作品は、昨年上映されていた(らしい)スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド版リメイクだという。さらに、スティーブンキングが2010年の№1映画だと絶賛した映画だという。

ほとんど期待せずに観たこと、リメイク元の作品を観ていないこと、もあったのだと思いますが、とても素晴らしい映画でした。まったく、ノーマークだった自分の無知さ反省しつつ、これってマスコミとかで絶賛してるのか?と思ったり。
ただのモダンホラーと思っていたら、すいません、と頭が下がる出来でした。
某魔法少年の話とか、某海賊の話とか観てる場合じゃないですわ。
危うく、これを観なかったら、のちのち後悔しただろうと思わせる秀作でした。

今度、リメイク元になった『ぼくのエリ 200歳の少女』を観てみようと思う。

期待してなかったスピードくじで特賞が当たったような気分である。

いい映画は最高だ!

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

|

« ツリー・オブ・ライフ | トップページ | 2011年映画ベストランキング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。