« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

2010年映画ベストランキング

毎年、勝手に恒例にしている映画バカの感想総決算でございます。

今年の総評として、後半はアニメ作品ばかり観てた印象。シリーズ作品が連続公開というのもありますが、洋画、邦画とも興味を惹く作品に乏しく、後半はCM観ても惹かれるものにあまり出会いませんでした。
最近は、行定勲監督が『東京フィルメックス』の際にコメントされておられたのを読みましたが、大量宣伝につられた観客が多い、と嘆いておられたことが印象的でしたし、実際、そんな残念な客が多くて、残念な映画館になっています。
TVでCMを観て、劇場へ行くという構図は、TV局がタイアップしてるので、CMが流され、それを見せられ、つられるというものなのだが、いいかげんマスコミに踊らされる残念なお客さんは、自分が残念なことに気づいて欲しいと思う。TVのスペシャル版みたいな映画は、興行収益も期待できるし、制作会社が作るのもわかりますけど、それはTVスペシャルでいいでしょうってものが多すぎますよ。

そんな中、ホワイトの2010年映画ベストランキング

第1位『パレード』

最高に面白くて、久しぶりに劇場へ、「もう一度観たい」と思って足を運んだ作品。
雰囲気、シナリオが特に秀逸で、行定監督作品はいままで、ハマらなかったことが多いのですが、これは素晴らしかったです。DVDを買おうと思う。

第2位『告白』

これも面白かった。ラストシーン前のCGだけが残念でしたが、原作のパワーが強く、よかったですね。宣伝もありましたが、公開後の口コミで客が増えた印象も、映画ファンとしてはうれしかったです。

この2作品が圧勝でした。
次点としては、『AVATAR』『第9地区』が、近年ゴミみたいな物理法則を無視したおばかSF、『ディープインパクト』とか『アルマゲドン』とか残念で仕方なかったのですが、前述の2作は、SFとはこうだ、というものを描いていて、とても好感がもてました。3Dで話題にはなりましたが、むしろ、SF世界観としての方が評価されるべきだと思う。
あと、映画評を書いてないのですが、『マルドゥック・スクランブル』は、今年観た映画の中でも、個人的に好みで、原作も大好きなので、3作ともに観る予定。DVDも買います。オタクがなぜ飛びつかないのか、未だに不明。3部作ができあがってから、評価が上がるものだとは、思う。

| | コメント (0)

ANIME FES “VS”バトル2

劇場のお客様は3名でした。

ANIME FES “VS”バトル2
.hack//Quantum 第2話
マジンカイザーSKL 第2話

Animefes2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.hack//Quantum
監督:橘 正紀
キャラクター原案:貞本義行、細川誠一郎、喜久屋めがね
出演:花澤香菜、沢城みゆき、藤村歩、小倉唯

マジンカイザーSKL
監督:川越純
出演:浅沼晋太郎、日野聡、早見沙織

シリーズ2作目セットです。まあ、それ以外に語ることもなく。。。
劇場で、上映されたものと同一のDVDを販売しているのですが、『.hack//Quantum』の第1巻にキャラクターのオーディオコメンタリーが特典で付属しており、さらに劇場版限定でドラマCDが付属していたので、買ってしまいましたが、3本買うと15000円は、高いです。6000円で、3本でいいと思いました。2巻の劇場版の特典カイロとか保存利かないので、いらない特典でした。バンダイビジュアルの担当、保存のことも考えてくださいよ。

| | コメント (0)

ボトムズファインダー

土曜の劇場朝一番の回に行ったら、観客は私一人でした。お得でした。

ボトムズファインダー

Photo

 

監督・メカニカルデザイン:重田敦司
キャラクターデザイン:羽山淳一
出演:石田彰、森川智之、広橋涼

 

 

 

 

 

 

 

バンダイビジュアルのボトムズ抱き合わせシリーズの2作目。
今回も、ボトムズの設定を使って、遊んでみた系の作品です。劇場では、初めての客一人のプライベートシアター状態で、驚きました。作品を観たあとに思ったのは、クオリティは悪くないし、海猿や大奥、SPなどのTVスペシャルものを劇場で観るぐらいなら、断然こっちだと思う。客のクオリティが落ちてますわ。マスコミに踊らされすぎ。残念!

1作目にも感じましたが、ATの陸上戦は、最近のガ○ダム作品を凌ぎますね。重力下での戦闘兵器の動きはこうだぜ!と、観ててワクワクします。ファインダーは特に、AT内部構造を描くシーンがあり、そのあたりにメカデザインのこだわりがみえて、よかったです。
残念なのは、キャラ作画が雑で、途中でキャラにブレが見てとれること。なんでやねん、と、つっこみを入れたくなる作画で、いくら予算がないとはいえ、それはないわー、と思った。メカ側の作画がいいだけに、キャラが脚をひっぱってしまい、作品全体のクオリティを落とす結果となってました。

VSの売り方はどうかと思ったですが、こっちの抱き合わせは、今の状況なら新人アニメータなどの育成の意味も含めて、ありかなぁと感じる。できれば、この形態で、ガ○ダムの『フォウ・ストーリー』の映像化を求めます。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆

| | コメント (0)

2010年12月29日 (水)

ANIME FES “VS”バトル1

オタク人生の中で、20代に手を出すのをやめていたことが、再燃した1年でありました。

ANIME FES “VS”バトル1
.hack//Quantum 第1話
マジンカイザーSKL 第1話
コイ☆セント

Animefes1

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

.hack//Quantum
監督:橘 正紀
キャラクター原案:貞本義行、細川誠一郎、喜久屋めがね
出演:花澤香菜、沢城みゆき、藤村歩、小倉唯

マジンカイザーSKL
監督:川越純
出演:浅沼晋太郎、日野聡、早見沙織

コイ☆セント
監督・脚本:森田修平
出演:小野賢章、寿美菜子

こちらも、バンダイビジュアル抱き合わせ商品です。
最初は、『コイ☆セント』のCMを劇場で観た時に、珍しい単発SFラブコメだな、と興味を持ってはいたのですが、観る予定はありませんでした。ただ、今回は、珍しい事に、京都でキャストによる初日舞台挨拶が実施され、声優さんに惹かれて、つい観始めてしまいました。

『.hack//Quantum』は、ファーストシリーズのゲームとアニメには手を出していたのですが、その後は放置してました。ゲームがゴミだったので。。。オンラインゲームをテーマにしたアニメが珍しかったのですが、それだけだったんですよ。
今回も題材が固定しているので、設定のブレがないところは安定しています。逆にいうと、それ以上の感動はないです。プレイヤーのリアルも描かれているところは、好評価です。

『マジンカイザーSKL』は、正直、抱き合わせでないと観なかったと思いますし、作品もOVAだから許されるものだと思います。

『コイ☆セント』は、30分の単発作品というは、ありですね。逆に、だからこそ許されるというか、同じテーマで2時間作品は創れない。「FREEDOM」の森田監督に遊ばせた印象ですね。今回の抱き合わせシリーズは、どうも、監督や脚本、アニメータの新人などの練習台じゃね?という印象が拭えず、まあ、それもありかなぁ、と考えたり。

舞台挨拶で、花澤香菜さんの可愛さが炸裂してました。できれば、沢城さんが観たかった。。。乙

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

インシテミル

情報って大切ですわ。
今日、はじめて、四条壬生にあった坦々麺の美味しい店「坦坦」が千本丸太町下がる、へ暖簾分けしていたのを発見!
また、家からいける範囲に美味しいラーメンの店を押さえることができました。

インシテミル

Photo

監督:中田秀夫

出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、武田真治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予告編を見て、まあ、小ぶりな映画だろうと思っていましたが、予想どおりの映画でした。『仄暗い水の底から』の中田監督の映画なのですが、今回はあまり怖くありませんでした。というか、この原作を読んでいないのですが、これって原作もっと面白いんじゃないだろうかと思った。名作の内容を伏線にしつつ、物語が進行していくはずなのですが、映画では、全然使えていない気がしました。そして、伏線で使われていたクリスティの作品を読んでいた私は、展開が予想できてしまい、まさかねぇ、と思っていたら、そのまま終わってしまった。藤原さんや武田さんの演技力が光るだけに、映画作品としては、少し残念なものになってしまいました。藤原さんの次回作に期待したいところ。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

GT7都市地方予選 2010年セカンドシーズン 大阪大会 Bブロック

使用デッキ:茶単ファイターモードで、む~~~ん ⊂( ^ω^)⊃
メタは、1緑ウニ、2赤系、3青赤

大会前日に、ファイターモードはトーナメントで使うもんじゃねぇって
ご助言をいただくも、颯爽と3枚投入!www
他のアドバイスは、受けて、メインにタンカプ1枚、アナウンサー2枚を投入、
サイドのバースト2枚を連鎖反応とタンカプへ変更。

今回は、ポイントを貰っての3回戦からの参戦

3回戦 茶単投棄ネロス ○××(茶単で、知り合いの人w)

いきなり知り合いの人、それも茶単ネロスを踏んで、ゲンナリ。
1戦目:こちらボルジャやファイターモード、相手はネロスからのヘブンズソード、カプル。
お互い殴らずに4ターン目に鈴でハンガーにG2枚。。。しかたなく、ヘブンズ+ネロスに耐えて、ハンガーG3枚貯めて、ACE貼っての破滅。勝ち
サイドチェンジ:タンカプ1獣1OUT 昨日の敵は2IN
2戦目:こちらがもたついているうちに、ターンAロラン+ネロスアルゴ。カプルやボルジャ、ACEを犠牲に耐える作業。破滅で挽回しようとする配備にエネ吸収。投棄ぽーん。さらに耐えて、
破滅からのカプルいったら、相手はディアナ帰還で耐えられて、負け。
3戦目:こちら3Gで止まり、相手はバーサーカ+ドモン。またも耐える作業。鈴でハンガーにACE+破滅。またも投棄喰らうも、ハンガーから破滅で挽回やー。。。。7枚ドローまでGを見ない間に、G+カプル+ディアナ帰還w引きげーで敗北。負け。

4回戦 黒紫ラジエル ○○

1戦目:紫セットで赤紫か?と思ったら、さらに紫+双極。えーっと、むーーんと撲殺w
ディスカードで黒紫判明w
2戦目:紫セット、双極セット。。。バーサーカー+アレンビーで、むーーんと撲殺w

相手の方、事故でしたw

5回戦 青ゼフィ+シルエット系スライ ○×-

1戦目:こちら、Gを貯めつつ、ボルジャ×2、カプル。相手は青からエル機。はい、情念で倒せると思って、ミスプレイで宣言。そら死にませんわ。ただ、相手もメタで入れたテルコットを貯める。私は解体してないからねーw
ファイター+アレンビ-、ボルジャ+カプルで殴りかかると、ファイターの前にハリソン2枚w先頭が相打ちも、先に相手廃棄で、ファイター復活w相手は、遅い目のシルエットやゼフィ。バーサーカー引かず、じり貧なので、本国はこちらの方が多いのを受けて、破滅から引きげーw先に展開して、勝ちw

2戦目:相手、エル機。こちらはカプル。相手、シルエット、じゃあ、こちらは換装からタンカプ。相手は、さらにキリマン+ゼフィ。こちらは何も引かず、カプル2枚目やらファイターで耐える作業。本国こちら13枚相手30枚ぐらいで、キリマン切れたので、相手もACEあるけど、ACE刹那で破滅。獣でトップG仕込んで勝負。
G+ボルジャ解体+出土品wACEで4点カウントを刻み始める。相手はホワイトベース隊1枚。
ここで今回最大のミスプレイ。手札がエネ吸+バーサーカーモード+破滅。相手は手札6枚ぐらい。
こちらの本国は6枚だったか。相手は15枚でGは1枚のままだった気がする。
ここで、このままACEのカウントを刻んで、エネ吸で貯めを狙うか、エネを貼って、バーサーカーで勝負か。
私の選択は、そのままACEでカウントを刻むこと。相手、次の次のターンにG引いて、エル機+シロー。負け。
正解は、エネ吸貼って、1パンチでハンデスしつつ、次のターンからバーサーカー待ちが正解だったっぽい。

3戦目:相手のマークⅡ、シルエットを、カプル、タンカプで耐える作業。鈴でハンガーにボル+ACE。本国半分くらいやが、
手札の出土品でジャンクのカプルをハンガーにして破滅勝負。戦闘フェイズいいですか。破滅いいですか。
マークⅡで撃てませんよ。。。。サーセン。結局、ファイターで耐え、次のターン迎えるも時間切れ。

ぐだぐだですいませんでした。

5回戦は、私が最適プレイをしていたら、勝ち切れたと思います。
そして、できなかった私は19位でしたw
8戦して、バーサーカー+アレンビーって1回しか言ってないわ。

でー、ファイターは、強いからw

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »