« 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer- | トップページ | 麺や向日葵 »

2010年10月 3日 (日)

BECK

お間抜けなクセに風邪を拾ったホワイトです。扁桃腺弱いみたいです。

ここ数年、マスコミなどメディアの情報が画一的な傾向にあって、特定の作品、商品ばかりを称賛し、またそれを観た衆が信じる、購買する動きが顕著な気がします。

何がいいのか、というのは、個々の価値観による判断なので、百花繚乱、多種多様でいいはずなのだが、メディアの影響を受けすぎると同じ色に染められてしまう。
私は、他の人へのこだわりがない、と身近な人に叱責される人間なので、結局、知ったことではないと思ってしまうのだけど、溜息は深くなります。

BECK

Beck

監督:堤幸彦

出演:佐藤健、水嶋ヒロ、桐谷健太、中村蒼、向井理、忽那汐里

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作を読んでいたので、映画化されると聞いた時から楽しみにしていました。発売と同時に前売券を買いました。で、劇場で予告を観た時は、がっかりしました。原作は、主人公はコユキでその成長する姿を中心に、個性的なバンドメンバーとのかけあいが楽しい作品だったのに、予告では、水嶋ヒロ演じる竜介がスポットを浴びているような作りになっていたので、ちゃうやん、と。

そして、今回、本編を観たのですが、よかったです。きちんとコユキ目線で制作されてました(CMは水嶋ファンをキャッチしようとしたものなのだろう)
ライブシーンへの賛否はあると思いますが、原作の良さは、出ていたと思うし、映画一作品として観ても完成していると思います。演技も、水嶋ヒロが少し物足りない印象を受けましたが、桐谷くん、佐藤くんの演技は好印象でした。
ちなみに、私は洋楽に関する造詣がないので、まったくわからないのですが、劇中歌として使用されている「EVOLUTION」?て曲があり、好印象なので調べてみると、rage against the machineってバンドの「Guerrilla Radio」のカヴァーみたいですね。この曲を演奏する時の桐谷くんのパフォーマンスは爽快感がありましたわ。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆

|

« 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer- | トップページ | 麺や向日葵 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。