« 2010年4月-6月期 アニメとかチェックしとけやw | トップページ | てぃだかんかん ~海とサンゴと小さな奇跡~ »

2010年4月29日 (木)

第9地区

このまま、ハゲて、中年太りしていく未来が、明るい未来といえるのか?ホワイトです。

今年も、映画を観るペースが、ほどほどにしか上がっていません。反省。
GirlsBarでデレデレしつつ、飲むのが、週半分の日課になっていますが、映画の話ができる方が少なくなってしまいました。春のなのに、寒いね。
他方、映画業界は、相変わらず、TV局とのコラボ系映画が幅をきかしており、不況の影響が大きいのかな、と思ったりする。中小の映画配給会社が、配給するのが苦しかったり、倒産したりしている様子なので、そのあたりが原因ですかね。
めっきりアジア映画の配給が減ってしまい、げんなりしています。

第9地区

Photo_2

製作:ピーター・ジャクソン

監督:ニール・ブロムカンプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年度、米アカデミー賞にノミネートされた作品ですね。
特に有名な俳優が出ているわけでもなく、にもかかわらず、高評価を聞こえていたので、日本では公開前ということもあり、期待していいのか、未知数の映画でした。
ただ、製作がピーターくんということと、短編でよかった作品のリメイクということで、いけるんじゃないか、と考えて、観てみました。
私はSF作品は好きですが、これ、面白いですよ。宇宙人がキモチワルイので、『AVATAR』以上に女性向けではありませんが、『AVATAR』とは違い、近未来の別の姿をリアルに描いているところが素晴らしいです。アフリカンを差別的に描いているところが、気にかかるけど。
恋愛中心の陽の『AVATAR』に対して、迫害とか陰の『第9地区』といった印象。ちなみに、脚本的には、後者の方が上だと思いましたね。ハードなSFも私が好きだからでしょうか。

今年は本数は伸びないけれど、あまり外れを引きませんね。やっほい。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

|

« 2010年4月-6月期 アニメとかチェックしとけやw | トップページ | てぃだかんかん ~海とサンゴと小さな奇跡~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。