« 屍姫 | トップページ | チョコレート・ファイター »

2009年3月 1日 (日)

少年メリケンサック

ハイウッドのアカデミー賞で滝田監督の『おくりびと』が外国語映画賞を受賞されましたね。私は壬生義士伝が好きです。ホワイトです。

今朝、映画館に9時すぎにいったところ、やけに人がいました。どうやら、アカデミー賞受賞を受けて、『おくりびと』を観にきたお客さんのようで、昼過ぎの回まで埋まっていく勢いでした。

しかし、考えてみてください。

『おくりびと』は、以前から上映してましたし、口コミでも評判はよかったです。
そして、アカデミー賞って、外国の映画関係者が勝手に選んでいる賞なんですよ。

確かに基準にはなるかもしれませんが、賞取ったからって、映画館に殺到している人って、私は自分基準で映画観てないんですよって印象がアリアリと観えて、寂しいです。他にもいい映画はたくさんやってますし、そんなにがつがつしなくても、受賞したんだから、ロングランするでしょう。てか、いい作品なので、ロングランをしてたでしょ。外国の映画関係者に言われなくても、いいものはいいというクオリティの人になりたいものです。

少年メリケンサック

Photo_3

監督・脚本:宮藤官九郎

出演:宮崎あおい、佐藤浩一、木村祐一、田口トモロヲ、ユースケ・サンタマリア

 

 

 

 

宮藤節が炸裂しているメリケンサックをようやく観てきました。
最近観たコメディの中では、かなりいい感じでした。さすがです、宮藤監督!
キャストもあってるし、思わず引き込まれました。観たあとに、元気を貰える映画です。劇中に登場する宮崎さんの彼氏にようなオトコにはなりたくないものです。
不勉強にも、宮崎さんの出演作をほとんど観てないので、DVDでも借りて、観てみようかなって。

映画館の隣の男がかなりうざかったです。
最初のさわりで大爆笑。となりの彼女に話しかけまくり。手を叩いて喜ぶ。
アメリカンな客ですね。なら、隣から銃で撃ってもよかったかな?

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

|

« 屍姫 | トップページ | チョコレート・ファイター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。