« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

2008年映画ベストランキング

今年も最後となりました。
映画バカといいながら、なかなか本数を観ることができなかったり、興味がわかなかったり。
そんななかでも、ヒットした映画もあるもので、今年、個人的にヒットをかっ飛ばした作品を紹介しておきましょう。
すでにDVD化された作品もありますので、年末ひきこもり映画生活をされる方は、ぜひどうぞヽ(*゚▽゚*)ノ

では、ホワイトの2008年映画ベストランキング

第1位 『パコと魔法の絵本』

脚本、演技ともに秀逸でしたね。
子供向けと侮ってはいけません。今年はポニョが話題となっていましたが、クオリティではこっちが上だと思います。

第2位 『カメレオン』

以前から藤原達也にハマっていますが、さらにハメテくれた作品。
おかげで、サントラとDVDを買ってしまいまいた。

第3位 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

このあたりがB級大好きな私らしいところ。
小森生活向上クラブもよかったですが、肩肘はらず、気楽に見られる分と爽快感でこっちを押します。DVDを借りに行く時の、5本目ぐらいでどうぞ。

追記:ポニョとか、映画祭の映画とか気がついたらレビュー書いてない作品がありますね。いやはや。来年は、きちんと観た作品全部紹介できるようにがんばりまっす。

映画ダイスキ!

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

猫に小判、へたれ弓師にドラゴンコンポジ

年末生活サイクル破たん週間が開始しましたが、なんだかいつもと変わらない気がするのは、気のせいでしょうか?(´Д`;)

※以下、オンラインゲーム『メイプルストーリー』に関する記事につき、未プレイヤーには解らない記述となっておりますが、ごめんなさい。

今月は、臨時報酬な月ですね。
かわいこちゃんが、某国宗教記念行事日にプレゼントをしてくれるわけでもないので、自分で褒めてやろうということにしました(^_^;)

100レベに到達した時に、自分へのご褒美にフリマで購入した武器を、今まで使い続けてきましたが、そろそろさらなる上の武器が欲しくなってまして。
しかし、新東京マップで追加された武器は、作成するのに、途方もなく大変そうやし、かといって、メーカーで作ったニスロ闇に30書を貼りたくても、相場が高くて泣きそうです。

Photo

100レベ昇格時から使ってきた愛用のニスロ。

その頃は、フリマでもまだ安かったですw

 

 

 

 

 

 

そんな私がフリマをうろうろと挙動不審なことをしていると、むぅ!いいものがあるじゃないかぁってことで見つけたのが、これ。

Photo_2

作成するためには、1個4000万程度のアイテムを40個と、書を数枚、宝石結晶などが必要な逸品。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、価格は800m・・・・さすがに高い。(すもも鯖)
うーん。どうしたものか。ま、でも、他に使い道もないし、次の武器を手に入れるまでには、相当時間がかかりそうやし、いっか(^_^;)ということで、衝動買い!
自分へのご褒美を貰っちゃいましたぁ。
装備してみると、ニスロよりも大きくて、いかつい(^_^;)

さてと、しばらくは極貧生活になりました。
カサ地蔵さん、年が越せませんので、なんかくださーいw

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

小森生活向上クラブ

連日のスパイ活動で、アルコールを飲みすぎて、いつまでたっても酔いが醒めませんね。あれ、生まれた時から、何かに酔ってますかね?ホワイトです。

先週あたりから、忘年会やらお別れやらいろいろありまして、毎日飲んでばっかりですね。
(ネトゲーは、復活後は毎日してますが、魚を釣ってばかりですけどw)

年末は、お休みが多くて、映画を観たいところなのですが、映画館にも人の群れが押し寄せてまして、某他国宗教行事あたりから映画館に行く気が失せてしまいます。しかしながら、私の愛するヴィッキー様の出ている『レッドクリフ』をなにげにまだ見られていないので、行かねばなりません。人の波を押しのけねばぁw

小森生活向上クラブ

Komori500_2

 

出演:古田新太、栗山千明

 

 

 

 

 

 

完全なるB級映画ですね(^_^;)
これ、TVで宣伝を観た時に、ものすごく期待していたんですよ。意外だったのですが、古田さんが初主演ということにも興味ありましたし、ブチ切れて、社会の小さな悪を退治する様がイメージできて、楽しみでした。
実際に見てみると、うーん、シナリオの着想というか、ネタはいいのですが、監督の趣味なのか、あいだに刺さるCGが邪魔(´Д`;) 古田さんのブチ切れと、栗山さんの美しい恐ろしさだけでも楽しめると思ったのに、残念でした。それでも、ひさしぶりにB級らしいつくりの映画で、個人的には好きですねぇ。もっと、古田さんテイストな映画を作ってほしいものです。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

容疑者Xの献身

私の闇には、底がないかもしれません、と感じる極寒の今日このごろごろごろごろ(^_^;)読書が進む冬ですね。ホワイトです。

秋頃は、なんだかすべてがうまくいきすぎて、怖い季節だったのですが、最近、少しゴタゴタが続いたり、心の隙間に木枯らしが吹き荒れたりと、いい感じに闇が進行しています。

そんな上昇期の秋に出会った本、そして、先日、上映終了前になんとか観ることができた映画があります。

容疑者Xの献身

X

監督:西谷弘

出演:福山雅治、柴崎コウ、堤真一、松雪泰子

 

 

 

 

 
まず、映画の感想の前に、原作を読んでいない方は、ぜひぜひ原作を読んでみてください。推理小説が苦手な方でも大丈夫です。
私は、そこそこ読書をする方だと思っていますが、ここ5年ぐらいで読んだ本の中で、ベストな作品でした。電車で読んでいたのですが、感動のあまり感涙しそうになり、到着した駅のホームでしばらく動くことができませんでした。それぐらいの完成度、それぐらいの感動作です。ほんま、やばいっす(^_^;)

そして、映画ですが、期待していなかった分、よくできていると感じました。
あのプロデューサーのことなので、TVシリーズを受け、ガリレオとして作品を作らせたかと思いきや、それなりに原作に忠実に作られていました。最も、懸念材料だった堤さんの役どころも、さすがというべきか、演じきっておられました。しかし、本当は、私のようなブサイクが演じた方が、効果は高かったと思われるのは否めませんが(^_^;)
お客を集めるためには、柴崎コウが必要なのは、プロモーション的には確かなことでしたが、作品としては、いりませんでしたねぇ。ある意味、可哀そうなキャスティングでした。

さらなる焼き直しにはなりますが、TVで2時間か4時間スペシャルぐらいで、堤さんの役どころをもっとブサイクな役者を使って作っていただけると嬉しいかもしれません。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

原作は、☆10個でもいいですよ。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

健全なる魂に戻るのかwww

最近、プレイしているオンラインゲームで、悪質プレイヤーに嫌がらせを受けているホワイトです(^_^;)やくざに絡まれた人を、擬似体験できるゲームでもあったのか。

さすが、ネクソン『メイプルストーリー』

このまま、サービス提供側が対処されない場合は、このゲームとおさらばさんの可能性は高いですねぇ。

ただいま、運営会社に連絡していますが、対処がされない可能性が高いし、
その場合は、プレイヤー及び運営会社への被害通報を警察に送ることと、通信を司る総務省と、あと経済産業省あたりかな?に、ネクソンさんへ指導警告いただけるように苦情でも入れて、おさらばかもしれませんなぁwww

悪を追及する時に、他者に迷惑をかけてはいけないと思うがな。

次のゲームでも探すか・・・

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »