« 大型ハドロン衝突型加速器 | トップページ | 安楽椅子探偵に、東京国際映画祭と大忙し »

2008年9月23日 (火)

20世紀少年

過去と未来、現在で繋がっている。未来はいつか、過去になる。でも、過去は未来にはならない。ならば、未来にこだわって生きればいいじゃないか。その未来もいつか大切な過去になるのだから。ホワイト。

過去は、嫌いなんです。
それは、過去は一生懸命生きていなかったから。
それは、誰か、何かに依存していたから。

今は、好きです。
好き放題、生きているから。誰にも文句は言わせない。

あら、なんだか詩的な記事になってますね。
言葉って綺麗ですね、たとえ濁った心から出たとしてもね。

20世紀少年

20thcenturyboys2

監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子

 

 

 

 

よくできた作品でした。
ただ、原作を読んで観たほうがいいです。それぐらい原作は難解に出来ているのですよ。
3部作の1作目ですが、これからもっともっと面白くなりそうな予感がします。次も見ますよ。あ、でも、まだ原作読んでる途中なんですよ。はやく、ネカフェにいかなくっちゃ。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆

|

« 大型ハドロン衝突型加速器 | トップページ | 安楽椅子探偵に、東京国際映画祭と大忙し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。