« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁

時代の風が吹いてます。・・・エアコン壊れたので、もっと吹いてください。ホワイトです。

特に言う必要もありませんが、暑いですね。
京都にいるのに、エアコン切れるって、どういうことですかね?
ダイエットというより、ミイラ効果が期待できます。

知人のご紹介もあり、ドラクエ5を買いました。

Dq5_2

ドラクエは、ずっとやり続けているのですが、これ、何回目のプレイになるんでしょうねぇ。
一応、新要素で、名産品の交換ができるみたいですけど、どこまでやり込むかは・・・。

 

 

 

 

あ、そうそう。
今回、買うに至った最大の原因はこれですね。

『第3の嫁 デボラ』

はい。
今回から嫁にできるキャラが増えました。
おもいっきり、ツンデレ姉さんです。

さっさと嫁にしたいっす。

Debora

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

ザ・マジックアワー

最近、最先端技術やら研究やらに関与することがあって困ってしまいます。技術は進んでいるのに、コンテンツが追いついていませんと言われ、妄想してください、だそうだ。そんなもの、私にまかせなさーい、妄想力ならまかせなさい、ホワイトです。

ここ2週間ほど、飲みに行くペースがアップしてます。

理由はコミュニケーション不足な、友達いないんこ状態だからです。

いや、あの、違います(^_^;)
お仕事でのコミュニケーションが90%メールになっちゃったからです。
最先端のコミュニケーションツールだかなんだか知らんが、それじゃあ、デレデレできんじゃないかぁ。困ったもんです。

ザ・マジックアワー

Magic

監督:三谷幸喜

出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行

 

 

 

 

 

 

 

 

三谷作品の最新作です。
三谷監督が、映画に進出した当初の作品は、映画の良さがぜんぜん生かしきれていなくて、やっぱり舞台を書かせた方がいいよ、と思ったものだが、この作品では、わりと慣れてきたなぁという印象で悪くなかったですね。
わがままをいうなら、もっと脱線して欲しかったですね。
喜劇を創ろうとしているのだけど、結局、今回は佐藤浩市と、西田敏行ぐらいしか喜劇をやってないです。深津絵里は、心の女神様なので、許しますが(^_^;)もっと、三谷監督の好き放題やった方が、笑えると思うのは、私だけ?低予算で、単館モノのバカ映画を作ってほしい。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

最近、環境サミットくんのおかげで、環境、環境とマスメディアは報道していますが、人間という生き物が一番、環境に悪影響を及ぼしている地球上の生命体だって、いいかげん、報道してくださいよ。地球に謝ることから始めよう。ホワイトです。

別に、新興宗教にはまったわけではありませんよ(^_^;)

悪な存在は、自分を悪だと認識しておかなければならないのですよ。
そして、善なる存在は、その基本がブレては困るのですよ。まったく。

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

Photo

製作総指揮:ジョージ・ルーカス
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート

 

 

 

 

人気シリーズの最新作ですね。

・レイダース/失われたアーク
・インディ・ジョーンズ・魔宮の伝説
・インディ・ジョーンズ・最後の聖戦

前3作とも、当然、観ているのですが、最初の2作が強烈に面白かったので、3作目と今回はどうしても見劣りしてしまいますね。最初の頃のスピルバーグやルーカスの作品には、こんな作品を作りたいんだー、という意味不明のパワーがあるような気がします。
ちなみに、最初の作品のレイダースってのは、盗賊という意味なのですが、ジョーンズが大学の教授なんだけど、お宝を探しに、おもいっきり盗掘しにいく様子が滑稽で、微笑ましかったですね。今回は、そのあたりが欠けている気がしましたね。

ちなみに、以前はこのシリーズ以外にも、トレジャー・ハンターや冒険をモチーフにした作品がたくさんありましたが、最近、減った印象があります。『グーニーズ』や『キングソロモンの秘宝』とかね。『ナショナル・トレジャー』あたりが、この後継を狙った作品といったところでしょうか。

個人的には、暗号解読とか謎解きで、視聴者もドキドキしながら、観られる部分も増やして欲しいです。次回作も創ってくれるかなぁ。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »