« トポロシャドゥの喪失証明 | トップページ | 沈黙のピラミッド ブギーポップ・クエスチョン »

2008年5月 5日 (月)

ノーカントリー

恋愛は脳が錯覚しているらしい。幸福も脳が錯覚しているらしい。本当の幸せって何だろう。ホワイトです。

黄金週間ですが、友人4人と日本橋にお買い物。そして、目覚めれば、ネットゲーム。
もっと、恋愛とか健全な黄金週間の過ごし方があるだろうって。

じゃあ、言ってみなさい。健全な黄金週間ってなんだ。
きちんと論破してあげるよ。君の幸せだって、錯覚に過ぎないよ。

幸せに共通の物差しなどはありません。所詮は錯覚。個人の脳の感じ方次第ですよ。

あ、ちなみにこれは、ひねくれ者のもてない男の『グチ』ですよ。当然!

ノーカントリー

Nocountry

監督:ジョイエル・コーエン、イーサン・コーエン

出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム

 

 

 

 

 

 

 

 

噂の映画をようやく観ることができました(*^_^*)
難解なラストで、できればもう一度観たい。これをおもしろくない、と感じる人も多いのではないかと思う難解さ、暗さ、静かさ。

人のそばにある死を、化身として体現するような殺人鬼。
理由無き悪意の恐ろしさですね。アビエル・バルデムの殺人鬼ぶりは、圧巻です。

大人が深夜にこっそりと観るといい。

次の日のとなりの伴侶の顔つきが変わっていたら、たまには食事にでも誘ってみましょう。純粋悪意はあなたのそばにあるかもしれませんよ。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

|

« トポロシャドゥの喪失証明 | トップページ | 沈黙のピラミッド ブギーポップ・クエスチョン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。