« 八犬士のあかしを持つものなり | トップページ | 天下ご麺 »

2008年3月22日 (土)

バンテージ・ポイント

人などというものは独善的な生き物で、普遍的な善なる行動などというものは存在しない。私の周りの対立は、お互いが善と称するものの対立であり、どちらかが悪ではない。ホワイトです。

今週は、なんだか正義感の感化されたような発言が相次ぎ、週末に少し心が寒くなりました。私はいったい何をやっているのだろう。
好き放題生きると決めたはずなのに、なぜだか心が拘束されている気がする。変化しなければいけない。4月からは、何番目かのホワイトが現れるはず。できることなら、今までに存在していなかったホワイトであることを望む。

バンテージ・ポイント

Photo

監督:ピート・トラヴィス

出演:デニス・クエイド、シガニー・ウィーバー

 

 

 

 

 

1つの事件を8つの視点から描くことで、群像劇的な効果を狙った作品ですね。
発想はいいのですが、相対的な創りが、テロを巡る数時間の出来事をテーマに置いてしまったために、アクション中心となり、せっかく心理描写を追うことでサスペンス的な効果が得られるところを逃してしまっている。企画に難があった感じ。

デニス君が、まだまだ俺はやるぜ、と活躍するのは、微笑ましかったですけどね。
映画館で流れていたCMは良くできていて、是非観たいと思わせるものだっただけに、期待はずれの感が否めない。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆

|

« 八犬士のあかしを持つものなり | トップページ | 天下ご麺 »

コメント

映画たくさん観てるんですね。
あかねはティムバートンとバズラーマン監督の作品がすきです。
現実逃避感がいいというか。

今は、ディズニープリンセスのアレが観たいです。

投稿: あかね | 2008年3月28日 (金) 00時25分

コメントありがとう。
ここんとこ、昼間の仮の姿が忙しくて、お会いできず、申し訳ございません(ToT)
映画は大好きなので、自然とたくさん観てしまいますね。ティムバートン監督の作品だと『シザーハンズ』『スリーピーホロウ』あたりが好きですw
また、映画のお話とかしたいですねw

投稿: ホワイト | 2008年3月28日 (金) 07時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« 八犬士のあかしを持つものなり | トップページ | 天下ご麺 »