« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月22日 (金)

坦々

誠実なる変化、怠惰な平穏、私は何を求めるのか、ホワイトです。

最近、らーめん探訪をサボっております(*^_^*)
手の届く範囲に美味しい店が数件あるために、遠くまで行こうという意欲にそがれてしまい、なかなか冒険できていません。
ということで、知人の紹介の店になんとなく行ってみました。

『坦々』

200802061804000_2

住所:京都市中京区壬生花井町23

営業時間:11:30~15:00、17:30~21:00
火曜、木曜不定休

 

 

 

 

 

結構な人気店という話でしたが、なんとか入れました。
夕方18:00頃に入ったのですが、どうやら客が1回転したところだったらしく運がよかったです。しかし、もう1回転って、やるな。

200802061748000_2

食べたのは、味を観察する意味もあり、オーソドックスな坦々麺。あまりギトギトな印象もなく、うまそうな雰囲気。
食べてみると、意外にやさしい味でした。そんなに辛さを主張するわけでもなく、ほどよい辛さとクリーミーさがいい感じですね。

辛さが苦手な人でも、これなら大丈夫だと思われます。

何度も引き合いに出して申し訳ないが、赤鬼の辛さとは明らかに違います。坦々の辛さは、後を引きません。きちんと昇華されてますね。どこかの喉の奥に嫌な辛さをずーっと残すラーメンとは違います。

このラーメンは、美味しいので、また食べに来るでしょう。
次は、ひさしぶりに北白川激戦区でも攻めてみるかw

| | コメント (0)

2008年2月13日 (水)

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

雪が積もった。子供は大喜び、大人は大弱り。どちらが穢れてる?雪に洗い流して貰いましょう。ホワイトです。

人は、勝手に期待して、勝手に失望してしまいますね。
する方は勝手なのですが、される方はたまったものではありません。
私は、期待されることが、とっても苦手です。期待しないでください(^_^;)

期待されなければ、期待値以上の効果を発揮しますから・・・矛盾してる?

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

Photo

出演:市原隼人、関めぐみ、浅利陽介

 

 

 

 

 

 

劇場でCMを観ることはなかった映画なのですが、タイトルが惹かれるいいものだったので、前売りを買いにいった時に内容も知らずに、チケットを買ってしまいました。
なので、期待値0。内容知らないから。

本編は、謎のチェーンソー男と戦う超女の子と、特に取り柄もない男の子の物語なのですが、期待値が0だっただけに、おもしろい。コメディな部分もシリアスな部分もバランスが良くて、おもしろかったです。特に、関めぐみが演じる超女の子のアクションは、とっても楽しめました。戦いのたびに、なぜか武器が変わるのだけど、なんでそれやねんって武器で戦ったりするw。肩肘はらずに、気楽に観られる楽しいB級映画でした。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

夜の展覧会

偽装しすぎて、本当のことがわからないですよ。やさしくて、いい男、ホワイトです(^_^;)

偽りの存在を演じるの楽しいのですが、長期にわたるとどうしたものかと困ることもありますねぇ。頭の中が偽装だらけで、暗黒面に帰った時のギャップが厳しすぎます(*^_^*)

私生活は、普通なんですけど。
毎朝晩、ネトゲー。オタクなアニメ観る。アメフトとバスケの中継を観る。オタクな小説を読む。
そういえば、最近、カードゲームとゲーセンに行っていない・・・。

1日が24時間って、誰が決めたんだよ。足りないよ。

科学者たちよ。
最重要研究課題は、地球の自転速度を遅らせることじゃないか(^_^;)

夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)

夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)

著者:茅田 砂胡

夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)

ココログの機能が拡張していたので、使ってみたがどうなんだこれw
私の好きな作家さんの一人、茅田砂胡さんの新刊・・・てか、発売されてから、結構たつのだけど、私が読むのが遅かっただけ。腐女子向きのイケメンがたくさん出てくるのですが、私のまわりの女性から、茅田さんの作品が好きという話はあまり聞きませんね。
かなり売れているのですけど・・・。

ただ、このクラッシュブレイズシリーズになってからは、個人的には少しいまひとつだと思っています。話が発展していかない、サザエさん現象が起きている気がしてなりません。
デルフィニア戦記の方が、私は好みですね。
これはこれとして、また別キャラで何か書いてくれないかなぁ。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »