« ドラゴンクエスト4 DS版 | トップページ | 2007年映画ベストランキング »

2007年12月27日 (木)

2007年映画ワーストランキング

私に過去はありません。なのにランキングって、矛盾してないですか(*^_^*)ホワイトです。

12月になりました。
スペシャル映画番組をしたり、深夜に映画をたくさん放映してくれて、映画ファンにとっては忙しい時期ですが、新聞を取っていないホワイトは、追いかけられていません(-_-;)気がついた時には、あー、あれやってたんやー、なんてことが多々あります。

情報って、大切ですよ。

今年もたくさん映画を観ることができました。
情報をくれたお知り合いの皆様、大変感謝です(*^_^*)
いくつか、見逃した作品もありますが、おおむね観たいと思った作品は、観る事ができました。よかった作品、悪かった作品とありますが、総じた感想としては、ここ数年の中では低調な年でした。

で、ベストランキングを書く前に、ワーストランキングを軽く紹介しておきましょう。
あまり怒りを面に出さないホワイトが、スクリーンに石を投げてやろうかと思った作品もありましたので、そのあたりだけ、ご紹介(^_^;)

第1位 『カイト リベレイター』

ダントツの第1位ですね。
アニメ映画です、いや、これは映画ではありません。
東京国際映画祭に出品されていたのですが、やってはいけないことのオンパレードで、レビューを書く気すらうせてしまった最悪の作品でした。
一応、エロティック&バイオレンス作品を得意とする梅津監督の最新作です。

東京国際映画祭に出品してるのに、完成版じゃないです。
これは、映画祭スタッフにも責任の3割ぐらいはありますが、完成していないものを、完成した作品と同じ料金で観せてはいけませんね。論外です。評価外です。
映画祭の紹介HPを観ただけでは、ダイジェスト版(それも20分)なんてことはまったく書いてなくて、前半は既製品の再上映、残り20分で未完成の作品を観せられるという、最悪の状態。さらには、監督がにこやかに舞台あいさつ。ありえません。製作の都合上、完成しなかったのなら、制作会社が責任を持って、完成版のDVDでも、お金を払った者に送ってください。10年ほど前に、一度だけそんなことがありましたが、制作会社から謝罪の上、後日ビデオが送られてきましたよ。そんなことのかけらもなく、うれしそうな監督。
あげくに、年明けにDVDが出るから買ってくれ、だと。論外です。
これは、映画ファンをバカにしてますよ。
上映後に、一切拍手がなく、質問もろくに出てこなかったのは、映画ファンが集まる映画祭ですから、正直なみなさんの感想がにじみでていましたがね。

次点 『大日本人』『ベクシル』『スキヤキウエスタンジャンゴ』あたりで。
松っちゃんの映画は、もう少し単館上映とかで軽く監督をやらせてあげたかったですね。次回作もこれだと、客は入らないと思います。Vシネとかで、何本か試してみてはいかがでしょう。

|

« ドラゴンクエスト4 DS版 | トップページ | 2007年映画ベストランキング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。