« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月26日 (木)

ピエールマルコリーニ

東京奇人放浪記⑪ 最終回

長々と書いてきましたが、今回が東京奇人放浪記の最終回です。
皇居を後にした私たちは、友達の紹介で銀座へ。
わたしは、お洒落な街はまったく不得意なので、銀座もよくしらんかったのですが、
友達に連れられて、おしゃれーなカフェに行きました。

ピエールマルコリーニ銀座

場所:中央区銀座5-5-8

チョコレートのお店なんですが、銀座ではカフェもありまして、
そこのチョコレートパフェが美味しいとの噂。
お店の前に行くと、行列が(^^;
お洒落な女性の列に混じって、おやじ3匹。ものすごく違和感のある光景だったに違いない。なにしろ、私はリュックを背負っていたからね(^^;

で、40分ほど待って、なんとか入ることができました。

この銀座店では、限定でチョコパを出すということで、3人とも注文。

200707141229000

甘いものがあまり得意ではないわたしでも、

「これ、旨い」

と思ってしまう美味しさでした。
カカオの味が濃厚で、少しお高い値段でしたが、その美味しさなら仕方ないといった感じでしたね。
また、食べたいが京都には店舗がないらしい。
仕方ない。また、東京で行列を作ろう。

 

このあと、いつものように秋葉原電気街をうろうろしていたのですが、
生憎の雨模様で早々にわたしは断念してしまい、京都へ帰還しました。
晴れなら、もう少し秋葉原も楽しめたのになーというが、少し残念。

ま、秋には東京国際映画祭を観るために東京行きは確定なので、
その時に取っておきましょう。

旅行記終了でーす。

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

吉良の気分を味わいましょう

東京奇人放浪記⑩

2泊目の難民たちは、秋葉原に宿泊しました。
でも、ネットゲームは専用席でないとわたしの愛するメイプルはプレイできないとのこと。うーん、まだ慣れてないのか、難民に^^;

翌朝、今度は見慣れたドンキホーテ前のアイドルおたくのみなさん。
衝撃って、だんだん薄れるものなのね。汚れたのか、わたし?

最終日の朝は、特に行きたいところも考えていなかったのですが、
わたしは、東京に何度も何度も来ているのに、一度も入ったことのない皇居に行ってきました。友達たちも興味があるらしく、仲良く3人で皇居へ。

200707140943000

楠木正成くんですね。
まわりは多くの観光客。今回も海外のお客様がたくさんいます。京都より、外国人観光客に遭遇する確立高くないか?

 

 

 

 

200707141041000

で、私は個人的に一番観たかった、松の廊下跡でーす。
ここに来ると無性に人を切りたくなるのか、友達たちは見えない刀を振り回し、記念写真を撮ってました(^^;

忠臣蔵が大好きなので、いつか、こなくちゃいけないスポットだったので、満足です。
次は何処に行こうかな。赤穂か!

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

ロシアンたこやき

東京奇人放浪記⑨

品川で事故遭遇し、お魚さんにちょっぴり癒されたので(*^^*)
目黒を経由で代々木へ向かいました。
目黒で東京裏名所に寄ったのですが、ご飯がおいしくない状況だったので、
レポは飛ばして、代々木編へ。

代々木に来た目的は、ガンダムバーを探すことでしたが、
こんなところでした。

200707131805000
ロボ太

店員のお姉さんはよいのですが、
常連客の塊で、外様な私たちは、居場所があまりありません。
おたくな店って、こういう悲劇がよくあるんでしょうか(^^;

 

 

 

 

ま、偵察は終了ということで、今宵の宿、秋葉原へGO!
秋葉原で、もう一人の友達と急遽、合流して、わたしの好きな居酒屋へ向かいます。
しかーし、金曜日の夜ということで、満席。客の態度も悪く、店員も混乱ぎみで;;
仕方なく別のお店にいきました。お友達、ひっぱってごめんなさい。

で、次のお店でなんとか飲み始めることができました。
メニューを見ていると、なんだか懐かしいものを発見。

200707132143000

ロシアンたこ焼き

うーん。いやな予感。
じゃんけん後、3人で交互に食べていくも、残り二つでわたしの番、、、、、これ。

・・・・・・・どーーーーーーーん(++)

前回の東京行きから2連敗。
美味しすぎます。東京に来てまで、笑いの神様いりません^^;

次こそは、いや注文するのはやめようね(^^)

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

エプソンアクアスタジアム

東京奇人放浪記⑧

寂しい時に水族館に行くと、癒されますか?それとも、もっと深く沈みますか?
私は、どちらかといえば、後者ですが、気持ちよく沈みますね(^^;

水面って、なんだかいろんなことが洗い流されるって感じで、よくないですかね。

ということで、悪夢の絶叫マシーンを洗い流すべく、水族館に行ってきました。

200707131452000

天井までガラス張りの水槽は、ついつい立ち止まって、空を見上げてしまいます。空じゃないんですけどね。
のこぎりざめやエイの泳ぐ姿を下から眺めるなんて、普通はできませんから、不思議な感じです。

素潜りで潜っても、こんな魚見られませんし、よく考えれば貴重な体験ですよ。

 

 

200707131522000

魚やペンギンに癒されたあとは、館内にあるカフェで、体も癒されましょう(*^^*)水槽を見ながら、カフェって贅沢だな。
京都でも、バーは知ってるけど、カフェは知らないですね。今度、探してみようかなぁ。

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

銀河鉄道999

東京奇人放浪記⑦

ジブリ美術館で、心の洗濯して、ピュアになった私と友人は(^^;)、
次なる目的地の品川へ向かいました。
友達の目的は水族館ですが、海の近くで生まれた私には、どうしても食べ物に・・・ぐはぁ(^^;)あまり行く機会がなかったので、同席させていただきました。
ただ、今回行った、エプソンアクアスタジアムには、水族館以外にもいくつかのアミューズメントが入ってまして、銀河鉄道999のアトラクションがありました。これって、999に乗れるんじゃないか、となーんも考えずに参加しちゃいました・・・。

200707131419001

中は惑星メーテルを舞台に、飾りもあり、雰囲気もありました。
わたしは、てっきり、アニメに出てきた999に乗って、メーテルと一緒に旅に出られるものだとウキウキしてました。
(この時、わたしはまったく自分の置かれた状況を把握してませんでした)

 

 

 

 
数分後、

「急いで、惑星メーテルから脱出するんだー」
「惑星軌道上に999が待っている、あれに乗り込むんだ」

ドキドキ(←まだわかってない)

目の前の脱出ポットみたいなやつの扉が開くと、目の前には、

絶叫マシーン(@O@)!!!!!!

ぎゃーーーーー

すいません。
駄目なんですよ、それ。
乗ったの、8年か10年ぶりぐらい。途中で気絶すると思いました^^:
二度とアトラクションのタイトルには、だまされないぞ(*^^*)

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

三鷹の森ジブリ美術館 その2

東京奇人放浪記⑥

心が表れつつ、ジブリ美術館の館内を観て回りました(*^^*)

200707131037000
内部は写真撮影できませんので、外側から。
創りは、天空の城ラピュタをモチーフに創られている感じです。きちんと雰囲気を壊さないように、また遊び心満載ですよ。

館内は、子供向けのおおきな猫バスなんてのもありますが、どちらかというと、どうやってアニメーション映画はできるんでしょうか、ということを観てまわれるようになっています。

また、素晴らしいことに、例えば原画とかセル画とか飾って有りましたが、わたしのわかる範囲でも、映画化されなかった場面の原画が飾られていたりして(たぶん本物です)、ジブリ通が行っても、おぉ!と思えると思います。

200707131040000

屋上には、ロボット兵が鎮座しており、記念写真スポットとなっておりました。

ただ、どちらかというと、私は、もうひとつ屋上に置かれていたラピュタの操作盤の方にドキドキしてました(*^^*)

200707131042000

これで、神のいかずちは打てますか(*^^*)
あ、でも、わたしはムスカほどの大物にはなれませね。彼、一応、王族ですもんね。私はそうだな、ナウシカに出てくるクロトアぐらいが希望です。

クシャナ殿下のお言葉だーーー。

言いたい(^^;)

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

三鷹の森ジブリ美術館 その1

東京奇人放浪記⑤

1日目の夜は、いつもどおりネットカフェ難民しました。
今回は、新宿のネットカフェ。ただ、出てびっくりしたことが。
早朝にネットカフェを出ると、目の前に爺婆の群れが(*^^*)
秋葉原でネットカフェ出たときに、アイドルオタクの群れに匹敵する異様さ。あとで調べたら、新宿コマの行列だったのですね。怖いのは、オタクだけではありません。

で、2日目の最初の探索場所は、三鷹です。
わたしが友人を誘いました。おやじ2人ですけど、行きたかったんですよ。

『三鷹の森ジブリ美術館』

200707130926000

三鷹駅から、こんなバスに乗って、ウキウキ気分で夢の国のつもりだったのですが、運転手は働き悪くて、感じ悪い(>_<)
ジブリさん、私バスが雰囲気壊してます。専用車を出してくださーい。できれば、完全体の猫バスでお願いします(*^^*)

 

 

200707131146000_1
受付でトトロがお出迎え(*^^*)
おやじ2人で浮いてしまうのが心配でしたが、入場者の7割から8割が外国の方。中国系の人が4割、欧米系の人が3割といった感じ。さすがに世界の宮崎駿先生といったところでしょうか。

ところで、ジブリって夢の国ですよね。
猫バスやトトロって、心の綺麗な子供しか見えませんよね。

 

友達と2人で入り口に入ったところ、とってもジブリの雰囲気を纏った案内のお姉さんたちに出迎えられる。

友達「この案内の人たち、いいよねー」
ホワイト「そんな邪まなこと、考えてはいけません!」
友達「……ごめんなさい」

しばらくして、館内を鑑賞していた時、香港系の綺麗なお嬢さんが、広東語で話したり、子供を見て「可愛い」って日本語で話してたりしてました。

ホワイト「(^~^*)」
友達「ホワイトさんが、邪まな目で見てます」
ホワイト「(^~^*)いいのいいの、純粋なんですよ」

そりゃあ、猫バスはみえませんよ(^~^*)

つづく

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

東京ミッドタウン

東京奇人放浪記④

ハードロックカフェが思いのほかよかったので、飲んじゃいました(*^^*)
ほろろーって感じで、もういい気分です。

そんなにすごく観たいってわけでもありませんでしたが、
六本木ヒルズも観てるし、話題性もあるから、観ておこうってことで、
東京ミッドタウンに行ってきました(^o^)/

200707122121000

これ、夜のビジネス街にしか見えませんね。
そりゃあそうです。ビジネス街だから。

個人的な感想から言えば、なーんもない(^^;)
外側に張り巡らされた、オブジェか通路か凡人にはよくわかんないものもそうやし、建物の中もかなり凝った造りにはなっているものの、箱だけがすばらしくて、中身にはまったく興味が沸きませんでした。

200707122131000

建物の中に設置された案内盤が、タッチパネルで、近代的(表現が古い(^^;)だったのだけが、印象に残りましたね。

これ、建築家を目指す人にとっては楽しめるかもしれませんね。

建築テーマパークか(゜∀゜)!!!!

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

ハードロックカフェ 六本木

東京奇人放浪記③

怪奇スポットめぐりを満喫したので(^^;)、
現世に戻らないといけないと、友達と合流すべく六本木へ。

六本木は相変わらずお洒落な街ですが、極度の方向音痴の私は、街並みを眺める余裕もなく、必死で街をさまよいます(^^;)
今回も目的地を探しているのに、気がつけば逆方向で「桜坂」を歩いていたりしてしまう。頭にナビを埋め込みたいよ(>_<)とほほ

ハードロックカフェ 六本木

200707121940000

場所:東京都港区六本木5-4-20
http://www.hardrockjapan.com/cafes/tokyo_rop.asp

友達のお気に入りのお店なのですが、今回はわたしもご一緒させていただきました。
わたしは、ロックにはまったく造詣がないので、サイン入りのギターとか観ても、よくわかんないですね(^^;)ただ、このお店、雰囲気がいいんですよ。
わたしが昔に観たハリウッド映画に出てくるカフェのようで、なんだか映画の中に入ったみたい。おまけに六本木という立地からか、他のお客様の大半は外国の方。もう、洋画ですよ(*^^*)

また、出てくる料理もアメリカンサイズ(*^^*)

200707121856000

これでも、一番でかいサイズではないのですよ。
京都にも、こんな雰囲気の店がないかなぁとは思うけど、京都では外国の人が、こんなにフランクに飲むことができないかなぁとも思う。それとも、わたしの知らない京都にも、こんないい雰囲気の店があるのでしょうかね?

ひさしぶりに洋楽でも聴いてみようかな。
ジャミロックワイあたりが、いいかなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年7月17日 (火)

於岩神社

東京奇人放浪記②

将門塚への恒例の参拝を終えたところ、まだ友達との合流まで時間があるということで、
怪奇スポットを探せその2(^^;)に突入しました。

於岩神社

200707121729000
場所:新宿区左門町17番地
東京メトロ 四谷3丁目から徒歩数分

はい。
現世の女性には、よりつかれもしないので(^^;)、
お岩さんに取り憑いてもらいにきました。
怪談で有名な、「四谷怪談」のお岩さんを祭った神社です。

しかし、実在のお岩さんの話を読んでみると、とっても美人で貞淑な女性だったそうです。江戸時代、田宮家の嫁となったお岩さんは、家計を助けるため、商家に奉公に出て働き、また屋敷社を熱心に信仰し、その甲斐あって、田宮家は隆盛を取り戻した。それを聞いた江戸の人々の評判になり、お岩さんの幸運にあやかって、屋敷社を「お岩稲荷」と呼んだのが、始まりらしい。つまり、怨霊となったお岩さんは、のちの歌舞伎作家・鶴屋南北のまったくの創作話らしいです。

せっかく、お岩さんに取り憑いてもらえると思っていたのに、残念(>_<)

そこの綺麗なお嬢さん、わたしに取り憑いてみませんか?(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

平将門塚

東京奇人放浪記①

毎年何度か、東京を制圧に行くのですが、いつまでたっても京都の領土にならないので、再度侵攻してきました(*^^*)
日程は、12日の午後から14日(晴れたら15日)。宿は予約してません。
難民です(*^^*)攻めに行ったのに、難民って、我らはいったい。

午後から出発ですが、友達と合流するのは夜の予定だったので、
それまでの時間を使って、ホワイトの怪奇スポットを探せの旅

平将門塚

200707121634001

所在地:東京都千代田区大手町1-1-1

平将門公の首が祭られているとされる塚ですね。
私はこの塚が大好きで、以前は東京に行く度にお参りしていたのすが、最近ごぶさたしていたので、将門公に会いに行ってきました。由来をご紹介したいところですが、長くなるので割愛させていただきますが、この塚の脇に蛙さまが鎮座しているはなんだろう、と(最終日にもう一度友人と行った時)いう話になったので、そのお話だけ。

将門公には、娘がいたのですが、その三女「五月姫」が、討たれた父の復讐を果たすため、修行し妖術を得て、「滝夜叉」となり、その姿が蝦蟇であったことから、その傍に鎮座することになったという。ただ、これは歌舞伎の創作との話もあり、伝承の詳細までは、すいません確認中です(*^^*)

伝承の地に頻繁に行くわりに、勉強不足なところもあって、少し反省。
自宅にあるオカルト辞典でも読み返そう(*^^*)
え、なんでそんなものがって。そりゃ、怪しいからに決まってるじゃないですか。

12日16:00頃

メイプルストーリー楽々記
LV63 東京に行っていたので、少しだけさぼりぎみ。
狩場に困った時は旅行に行こう!ってことで上海とジパングを行ったりきたりしてます。
大ムカデとやっと戦うことができて、うれしい(*^^*)きもかわいいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月11日 (水)

女帝

女性は怖いといいますが、本当ですか?ホワイトです(*^^*)

明日から東京に遊びに行ってきます。
主な目的地は、三鷹、品川、新宿、六本木、秋葉原などなど。
友人と2人旅なのですが、不健全な2人なのに、結構健全な旅になりそうです。
如何わしいのは、アキバのメイド居酒屋ぐらいかな。

で、女性が怖いのか、それとも怖くないのか。
それを確認するために、時間があったら、四谷に行きたいと思ってます。
四谷といえば、……お岩さんですよねー(^^;)会ってきますよ、お岩さん。
きっと、仲良くなれると思いますよ。待ってて、お岩ちゃーん。

女帝

Photo_52

監督:フォン・シャオガン
出演:チャン・ツィイー、グォ・ヨウ、ダニエル・ウー

 

 

 

 

 

 

 

こちらの女性はどうでしょうね。
最初に気になったのですが、なんでタイトル『女帝』やねん(>_<)
『夜宴』じゃいかんのか?これ、ハムレットやから、女帝ってことはないんだろなんて思いつつ、観てました(*^^*)内容は、そうですね。ハムレットです。中国で作ったハムレットです。そんなもんでした(^^;)
うーん。ツィイー様の映画になかなかアタリを引きません(^^;)
香港のアクション映画に出てくれないかなぁ。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆

昨日までのメイプルストーリー
LV62 毒矢販売店を一時中断して、溜まったクエストを少しこなしてました。
地球防衛本部のクエを少しこなし、なんとなく今はタイに居ます(*^^*)
先日、ひさしぶりにメイ友にコメントを貰ったのに、放置中で返答できなかった(>_<)
切なかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

大正軒

お部屋が片付きません!
DVD捨てられないし、本捨てられないし、玩具も捨てられないし。

私は社会から捨てられたい(^o^)/ホワイトです。

VISTA仕様のPCを買ったにもかかわらず、まだ未開封(>_<)
クーリングオフって、なんでしょう(^o^)/

部屋を片付けても、片付けても、一向に片付く気配がありません。
うーん。PC買う前に、マンション買っとけー(*^^*)

大正軒

Photo_50
住所:京都市中京区阪東屋町657-3
営業時間:11:00~3:00 年中無休

支那そば

 

 

 
このお店の近くのGirls barへよく顔を出すので、必然的に前をよく通る。
ということで、期待はせずに試してみました。
行列が出来ていることも、たまには見受けられたので、それなりかなーと
思っていたのですが、うーん。
これを食べた時点では、判断保留(^^;)
限定で、どうも別スープらしかったので、これだけで評価してしまうのは、
可哀想かなーって、そんな味。スープが薄く、深みがない。それが狙いか?

Photo_51

で、2回目の挑戦は塩そば。

こちらの方が美味しいですね。
値段相応というか、チェーン店が業務用スープで美味しいラーメンを作ったら、こうなりました程度です。
近くに会社があるなあ、お昼にラーメン食べるなら○
でも、知り合いに美味しいラーメン屋知ってるって聞かれても、紹介はしない(^^;)そんな感じ。

 

 
どうも、このお店の系列とは馬があわんらしい。
このお店ですが、どうも「魁力屋」とか、「赤鬼」と同じ資本が展開しているお店らしいです。
いろんなところに、いろんなコンセプトで店を出しているみたいなのですが……そんだけー(^^;)ラーメンに対する情熱もそんだけーって感じなんでしょうかね?

昨日までのメイプルストーリー
LV61 サーフボードクエを一生懸命やってますが、4回目も失敗(>_<)しょぼーん。
サクチケがあるので、知らない間に経験値は溜まってますが、行動パターンは同じ。
サフボクエの素材集め、中忍で毒矢集め、フリマで売る。おわり(*^^*)
サフボあたりが出たら、レベ70装備をフリマで買い物したり、未処理のクエストでも処理しようと思う。その頃には、ビスタでブンブン言っていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 4日 (水)

大日本人

認知的不協和って知ってますか?

最近では、TVドラマ『ライアーゲーム』で使用されていましたが、社会心理学用語で、人がある認知と矛盾した認知に遭遇した時に感じる不協和を解決しようとする心理状態をいいます。

例えば、10人の人を集められ(実は自分以外はすべてサクラですが)、簡単な問題を提示されます。1+1でいいでしょう。
周りの人が順番に答えていきます。

答えは 「 3 」です。
答えは 「 3 」です。
答えは 「 3 」です。

さて、あなたはなんと答えますか?(*^^*)

まわりの答えに流される人が、何人いるでしょうか。

これは、当然「2」であるという認知を、「3」と答えることで、周りとの不協和を解消しようとする社会心理を意味しています。

ちなみに私は、答えません(^^;)
私は、不協和快楽主義者です(*^^*)

大日本人

20070619_170171

監督:松本人志
出演:松本人志

 

 

 

 
映画館は、大変混雑してました。
観にいったのが、映画の日(毎月1日)1000円の日だったこともありますが、ほぼ満席状態で、私の不快指数は振り切ってました(^^;)
この映画、お笑い界の奇才といわれる松本人志の初監督作品ということで、多少期待をしていたのですが、……まったくダメでした(>_<)
コメディ映画を製作したつもりなのだと思いますが、館内にはクスリとも笑いが生まれません。笑えないコメディ映画なんですよ。いわゆるスベったというやつですね。
最初から最後まで、シーンとした館内。???マークがみなさんの頭に浮かんだまま、コメントに困るカップルが映画館を後にしていきます(^^;)

不思議だったことは、公開してから2週間は経過しているはずだというのに、映画館が満員だったということ。私を含めて、メディアに踊らされている人間の多いこと、多いこと。みんな認知的不協和状態なんでしょう。この出来では、次回作にも期待できません。
ここ数年で観た映画の中でも最低ランクの映画でした。松っちゃん、どうした?

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆

昨日までのメイプルストーリー
LV60 60の防具が装備できるようになり、飛躍的に強くなりました(*^^*)
密かに買っていた防具にはDEX+15という弓使いには鬼なステータス上昇値がついているのですよ(^^;)イトヤバス。
しかしながら、レベルを上げるための経験値はもう大変で、サクチケ無しではストレス溜まりまくりでやってられませんね(*^^*)作業ゲーとはいえ、辛い。早くレベ70になって、転職したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

我が家の宝の山は、ごみの山なの?

ぶもーーーーー(*^^*)ホワイトです。

新マシンが我が家に届きました(^o^)/

でも、居場所がないらしく、届いたまま、廊下にたたずんでいます(>_<)
そう、彼の居場所を作る前に、着いちゃったのですよ。しかし、最近の通信販売って、早いなぁ。会社の職員、私も含めて通信販売したら、その時々で必要な人材が集めれるんじゃない。

あ、私、お呼びがかからなかったら、失業か。確率、高そうだな。

200707012155000_1

仕方なく、お部屋を片付けていると、懐かしいものが、ザクザクと出てきます(^^;)
埃をかぶった部屋の隅から、あらら、一昔前に観た映画の半券たちが湧き出てきました。
懐かしいやら。

あの頃は、若かったよーー(>_<)

映画を観始めた頃は、すべてファイリングしていたんだけど、最近は、整理することもなく、所定の場所にどんどこ積み上げられています。私にとっては、あ、あれはこんな時に観にいったなぁとか、これは、誰と観にいったなぁとか、見えないペンキで映像が書き加えられている半券ですが、価値があるものなんでしょうかね。

捨てるつもりはありませんが、あまり集めすぎると、警察が逮捕しにくるんじゃないかと、ひやひやしてしまいます。なにせ、怪しいものばかりですから、逮捕されても反論できませんからね。気をつけて、隠すことにしようっと(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »