« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月26日 (月)

ジジ・リョン

神戸大阪密貿易総会記録2/25①

アカデミー賞の授賞式が観たいホワイトです。
どうして日本の民放は、放映権を取得してくれないんでしょうか。やっぱり、あれだけ俳優を集めるイベントなので、放映権料もバカ高いのかもしれませんね。WOWWOWなんか、観られないよ(^^;)

ひさしぶりに友人と一緒に神戸に行ってきました(^o^)/
春節祭のあとということもあり、その余韻が残っている街は、普段よりも活気があり、お客様の数も多かったです。一時期は、2ヶ月に1回は神戸に行っていましたが、大阪で格安で香港明星アイテムが手に入るようになってから、しばらく行っていませんでした。
今回は、店や商品の入れ替わりがあるらしいので、ひさしぶりの偵察です(*^^*)

まずは、友人の紹介ではじめて行く香港明星SHOPへ

百楽園

住所:神戸市中央区三宮町3-5-2-301
TEL:078-393-0383
定休日:水曜

店頭での品揃えは、スペースの関係上少なかったですが、きれいに保管されているものが多くて、安心して買えそうな感じでした。
最近、趙薇が雑誌の表紙を飾っているという情報を持っていたので、その雑誌があるといいなぁと思っていましたが、さすがにない。趙薇関係商品は店頭には並べていないとのことだったけど、帰宅後にネットで検索しても、商品にはなかったですね(*^^*)残念
せっかく来たのに、手ぶらで帰るのは、悪徳商人の魂が許さないので(*^^*)これを買いました。

給自己的情歌

06121905180_1   

梁詠[王其](ジジ・リョン)の新譜です(*^^*)
数年前の映画ですが、『ターンレフト・ターンライト』でヒロインを演じていたのが印象的で、いつかCDを買ってみようと思っていたジジちゃんです。

 

 

 

 

これは、いいものです(*^^*)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

墨攻

今週末は、ひさしぶりに神戸へ密貿易に行くホワイトです(^^;)
密貿易のためには、情報力があることが肝要で、複数の業者を相手にした時、「あーーー、さっきの方が50円安かったーーー(^^;)」などということが起きて、非常に悔しい思いをすることがあります。なので、事前準備はしっかりしておきましょう。では、孫子の兵法書でも読みますか(*^^*)

最近、香港映画が観ていないなぁ、と思っていましたが、
全国ロードショーでこれが観られたので、ひとまず落ち着きました。

墨攻

Photo_30

出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ファン・ビンビン
監督:ジェイコブ・チャン
原作:酒見賢一

 

 

 

 

 

 

 

原作は、日本の酒見賢一さんの小説と同名のコミックです。原作が日本で逆輸入されるというのも珍しいですね。私の観た作品では、思いつきません。
心に矛盾を抱える主人公に感情移入してみたり、合戦シーンの躍動感にドキドキしたりと、楽しめる作品でした。特に、城攻めがシチュエーションの大部分になっているのですが、わたしは中国のお城にとても興味があるので、その部分が異常に楽しかったです(*^^*)甕城を挟んでの策の応酬や敵の知略との駆け引き、復元された古代の武具など細部までじっくり観ても楽しめますね。

Xinsrc_5220503120932218190417

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

 

 

 

萌え情報も追加しておこう。ヒロインのファン・ビンビンも可愛らしいかったですよ(*^^*)
私は『還珠格格』に出演していたので、知っていたのですが、最近は、大作映画にも出られるようになったので、要チェックですね(*^^*)

Photo_28  

Xin_360104180854171434537   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

一番くじを引いたら……

携帯電話を替えました。今度の携帯はP903iです。P901だったので、形はほとんど変わってないですが、中身はバージョンアップしています。
でも、この携帯にPシリーズに替えた理由は、カバーで遊べるから。

ぜんぜん、機能は関係ありません(^o^)/

クリアカバーを注文中なので、まだ普通の携帯です。
今度はどんな模様にしようかぁ。TWINS携帯?趙薇携帯?天龍八部携帯?

楽しみです(*^^*)

友人から、いいアイテムの情報をいただきましたので、
さっそくゲットしてきました。

一番くじ機動戦士ガンダム

200702230007000

これはいいものだ……。
1回500円のくじです。少し高い気もしますが、大人なので、ぜんぜん平気。2回目引いたら、クリアホルダーでした。でも、あとで気がついたのだが、これが普通に500円で売ってたら、……買わんな(^^;)

 

 

 

 

 

 

……は、謀ったな、シャアーーーーーーー!! (^o^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

それでもボクはやってない

脳内犯罪前科100犯、釜茹でダイエット推進委員会ホワイトです(^o^)/

ここ2ヶ月ばかり、DSのドラクエにはまり、ようやく終わりが見えたので、現世に帰還できるかと思いきや、3月1日にはPS3『ガンダム無双』が発売されます。
はい、めでたくも我が家にはPS3の本体が設置されております。
もう、これは罠です(^^;)
いや、懲役です(^^;)

で、なんとなく気になっていた映画を観た。

それでもボクはやってない

Photo_29

監督:周防正行
出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、役所広司

 

 

 

 

 

 
『Shall we ダンス?』の周防監督の最新作です。
作品テーマは、痴漢冤罪事件。主人公の金子が、電車で痴漢と間違われたことから始まる裁判モノです。あまり身近にはない「裁判」というものをテーマに、日本の裁判の問題点を取り上げた社会派作品です。
作品は、2時間半と長く、また静かに進む物語ですが、飽きることなく魅せるのは、さすがに周防監督といったところでしょうか。いい作品です。

わたしは、路上で痴漢行為をやっているおやじを見つけて、110番通報したことはありますが、別にわたしがまっとうな人間というわけではありません(^^;)

この映画を観ていて、現実的に思ったことは、

陪臣員(裁判員)制度が導入されたら、おれ、絶対、有罪だろう(゜∀゜)!!!!

無罪でも、有罪ですね。たぶん。
映画館でも、わたしが何もしていなくても、隣に座った女性は不審そうな目でこちらを見たりします。肘掛を譲っているのに(>_<)
仕方ないですか。世の中は不公平にできてますから。『人は見た目が9割』 という本もありますが、わたしの外見はおもいきり怪しいですもん(^^;)最近、特に怪しさを追及するため、髪型を1980年代風ツーブロックに変えてみました。予想どおり、怪しさ倍増、オタク色全開です。

会社の同僚(女性)のほとんどから、全否定をされました(^^;)
同僚『それないですよ、ホワイトさん』
私 『誰が決めたの?』
同僚『……。好きな人に観られたら、どうするんですか』
私 『その前に君たち、ボクは恋愛対象外なんでしょ』
同僚『……でも』
私 『恋愛対象外なら、恋愛という定規だけで測る必然性ないでしょ』
同僚『……(`´メ)』

ディベートに勝利して、社会的敗者になりました。
負け犬万歳(^o^)/

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年2月18日 (日)

原色昆虫図鑑Ⅲ

昆虫ネタなので、虫嫌いな方を読まれないことをお勧めします(^^;)

わたしは、田舎の出身です。
なので、子供の頃は田んぼや山を徘徊し、いろんな遊びをしていました。
都会に来て、ほとんど土が見えないので、昆虫も御所のセミぐらいしか見かけなくなりました。(ゴキは見るけど(^^;)
子供が少し可哀想な気がしますが、それもまたありなのかもしれません。

友人と玩具店に行ったのですが、以前からわたしのこころをキャッチされているおもちゃの最新シリーズが出たので、おもわずセット買いしてしまいました(*^^*)

原色昆虫図鑑Ⅲ

画像を掲載しようかと撮影してみましたが、出来が良すぎて、やばーい感じだったので、載せません(^^;)ご興味のある方は、リンクからオフィシャルで確認してみてください。
モノは、ガチャポンです。
小型玩具では、数年前にチョコエッグが流行してから海洋堂が席巻してきましたが、このシリーズはYUJINの商品です。ガチャポンを中心?に展開されている会社なのか、いままでのものは出来がいい印象がありませんでしたが、このシリーズは、かなりいい出来だと思います。

いままでで一番のお気に入りは、「スズメバチ」

本物です(゜∀゜)!!!!

職場に持参して、デスクの脇に飾っていたのですが、気づいた同僚(女性)が何度か小さな悲鳴を上げておられました(^^;)すいません。わたしにとっての箱庭だったのです。

田舎に帰省した時には、甥っこにクワガタやカブトムシの採集場所を教えてやろう!

今でも、いるかなぁ(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

どろろ

こころがドロドロの真っ黒なホワイトです。

こんな私にも、昨日、義理チョコというものをいただきました。
ありがたいです。
でも、怖いです。あとが(^^;)

この制度、やめてもらえませんかね。
わたしのように、本命を貰える確率のない人間にとっては、本命を渡すリハーサルとかカモフラージュとか、踏み台にしかなりません。

き、きさまら、

…… 「俺を踏み台にしたー」

ということで、貰った事実は早々に証拠隠滅して、映画を観ました(^^;)

どろろ

20070212_123855
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一

 

 

 

 

 

原作は、最初の方しか読んでません。
なので、原作に忠実なのかどうかは、まだわかりません(^^;)
たぶん、かなり脚色されている印象です。
わたしの感想としては、柴咲コウはなかったんじゃないかぁと思います。この物語って、親に捨てられた百鬼丸が、いけにえにされた体を取り返す旅に出て、なぜ自分の体が犠牲にされたのか、親への思慕と憎しみの間で葛藤する物語ですよね。

うーん、ネトカに行ってこよう(*^^*)

最終的な評価は原作を読みきってからかもしれません。

意外に混んでいたのが、少し不思議だった(^^;)

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月13日 (火)

彗星降臨

2月9日の続き

驚き、そして、感動したことがあります。

最近、めざましい活躍をする女流棋士に 里見香奈 女流1級がおられます。まだ、中学3年生にもかかわらず、タイトル戦の決勝を戦ったり、女流名人に勝ったりしておられる、若手の新規気鋭です。

これだけでもすごいのに、里見1級はもっとすごいことがあるんです。

島根県に住んでおられるのですが、プロの対局は多くが東京、または大阪で行われるので、その度に上京しなくてはいけません。プロの対局は数時間にも及び、また、頭脳戦ですので、できるだけ平静を保てるように、私なら前日から一人篭ってしまうと思います。

なのに、この里見1級は、夜行バスでその日の朝に対局地に来られるのです(^^;)
東京-島根間で何時間かかるのかわかりませんが、新幹線でも3時間以上はかかることを考えれば、かなりかかると思われる。
先日の対局では、朝、交通状況が悪く、途中で新幹線に乗り換え、対局には20分遅れで到着。交通事情による遅れなので、不戦敗にはなりませんが、遅れた20分を持時間から引かれて対局開始。相手は、石橋女流4段でかなりの腕なのですが、勝利(*^^*)

スーパー14歳じゃないですか(゜∀゜)!!!!

20070125_224396
感動のあまり、mixiのコミュニティに入ってしまいました(^^;)

ちなみに、制服は戦闘服らしいです。

将棋のわかる方もわからない方も、ぜひ応援してほしい次代のヒロインですね。

 

 

 

井道千尋1級・室田伊緒1級と3人で
キラリっ娘のそよ風日記」ブログを解説されておられますので、どうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

駒音は、高く響くなり

脳内麻薬で、日々、幻覚と戯れる変人ホワイトです。

完全インドア宣言をしているホワイトですが、インドア趣味の中でも、最深部に位置すると思われるものを紹介しましょう。

将棋です。

二次元的、木製、戦術シュミレーションゲームです(*^^*)
最近は、TVゲームの普及で、子供達が遊んでいる姿をみなくなりましたが、そんなことは、私にとっては平気です。だって、私が楽しいんですから。

小学生の頃からやっているので、棋歴はもう20年を越えてますね。

将棋は、とかく暗いと言われていますが、私からすると、派手なんですけどね。
スキーとかテニスと比べて、暗いとはまったく思えない。
だって、戦っている時は、火花散ってますし、スピード感もかなりあります。

何が楽しいって、やはり、戦術を考えることでしょうか。
スポーツでも、戦術性の高いものが好きです。
サッカーよりも、アメフト、バスケが好きなのは、そのせいですね。
(サッカーに戦術性がないわけではないですよ)

特に好きなのが、フェイクとおとり。

フェイクなら、アメフトやバスケなら、リバース・プレイですね。

よく正々堂々と戦え、と言われますが、これだって、立派に正々堂々なんですよ。
だって、ルール違反してないですから(*^^*)

最近、将棋を指したくてうずうずしているのだが、気軽に指せる場所がなくて困っています。都会なら、週末なら、フリーの将棋さしがごろごろたまっているところがありそうなのだが、みかけないです(>_<)

京都市内で、気軽に集まっているところ、誰か知りませんか(*^^*)?

次の記事に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

ディパーテッド

新たなる人格を取得しましょう。

もうすぐ、環境ががらりと変わります。
春だし。
特に人間関係は、確実に変化することがわかっています。

新しい仮面を用意したいと思います(*^^*)

どんな仮面がいいでしょうか。

社交的な仮面、エロスな仮面、横暴な仮面、蒼い仮面、……。

ディパーテッド

Photo_28 

監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン

 

 

 

 

 

 

この映画は、リメイクです。
3部作で創られた香港映画『無間道』。
3作ともに観ていますので、今回、脚本にはあまり心配せずに観てました。
今回のレオ様の演技は、なかなかによかったんじゃないかと思います。わたしのなかでは、最近の作品では、宣伝にだまされてばかりでしたので、少し評価を戻したかんじ。
ま、ジャック・ニコルソンには、負けるけど(*^^*)
じじぃ、いつみてもいいです。あんな苦みばしった役もし、可愛らしい笑顔を持つおやじ、その辺にはいませんよ。

脚本には心配はしていないと書きましたが、ラストはなんとかして欲しかったです。
ドタバタ感が出てしまい、切ない余韻がいまひとつ。
あとは、ヒロインが……受けつけなかった(>_<)
キレイですよ。でも、ケリーチャンには遠く及ばず(^^;)
このあたりが、リメイク作品の悲しさです。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

インファナル・アフェア インファナル・アフェア

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2004/02/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

夢をみた

4時間睡眠耐久人生を実践しているホワイトです。

睡眠時間が短時間だと、夢をみる暇もありません(^^;)
ここ何ヶ月か、夢などというものとは、無縁の生活をしていたのですが、最近、急に夢をみました。それも、いままでみたこともないタイプの夢。

連続する夢。

つまり、数日前にみた夢のつづきを、今朝、みました(゜∀゜)!!!!

数日前の夢

何処かの洞窟の中。
暗いなか、いくつかの扉があり、あけると母や知人がいるが、吸血鬼に襲われていて、私を襲ってくる(>_<)必至で逃げる私。
逃げ続けるうちにたどり着いた部屋には、可愛らしい女の子。

よくみると……

20060307
持田真樹(゜∀゜)!!!! ナゼ

 

 

 

しかし、また吸血鬼に襲われる。逃げる私。……朝(^^;)

そして本日。

田舎の部屋には、横たわる持田真樹(^^;)
どうやら吸血鬼に噛まれたが、発症していないらしい。
しばらくすると、彼女が宙に浮きます。なぜ(^^;)
発症したらしいが、吸血鬼になるわけではなく、ただ苦しんだり、浮かんだりしている(>_<)
助けたいが、方法がわからない。
昨日、噛まれて発症したはずの母も登場するが、なぜか普通に私に話しかけてくる。
必至に彼女の存在を隠すわたし(中学生か(^^;)

……朝(^^;)

なんでしょ、これ。
ちなみに、こんな吸血鬼ではありません。

3349061546

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »