« 踊る大捜査線の舞台は? | トップページ | NBA開幕 »

2006年11月 3日 (金)

おばさんのポストモダン生活

東京国際映画祭への旅 10/27⑤

夜行バスで東京上陸したのが、朝7時。ふらりふらりと東京探検してきましたが、いよいよ本来の目的である東京国際映画祭に参加するため、渋谷に入ったのが4時すぎでした。
渋谷では、冥土カフェ『地獄少女』に寄り道したいと思っていたのですが、行列が長いので断念し、ゲームセンターやまんだらけなどを覗く。

う、さすがに疲れてきた(^^;)

朝から何時間歩いてんねん。
というわけで、少し早めに東京国際映画祭の会場である渋谷BUNKAMURAに入りました。毎年訪れているので、さすがにもう勝手がわかっています(^^;)映画祭スタッフが公式パンフレットの販売やちらしを配布していましたが、どうせ明日も来るのだからとスルー。しかし、これが判断ミスであったことが翌日わかるのでした。

東京国際映画祭 アジアの風作品

おばさんのポストモダン生活

103_1

監督:アン・ホイ
出演:
スーチン・ガオワー、チョウ・ユンファ、ヴィッキー・チャオ
BUNKAMURA:シアターコクーン

 

 

今回は、電子ぴあのプレリザーブでチケットを押さえたので、席は中央付近でかなり見やすい席でした。ティーチインがないので、少し残念ですが日本未公開のヴィッキー映画が観られるので、うきうきです(^o^)/
本編は、定年退職後のスーチンが上海の街を舞台にいろんな人と出逢い、自分の人生をふりかえり、家族との融和を果たしていく物語です。アクションやサスペンスがあるわけではない静かな映画でした。
物語の前半から登場したひさしぶりのユンファ君は、かなりおばかな役どころです。いきなり超高音の歌を歌いながら登場する男の役で、かなりインチキ臭い詐欺師の役どころ。もう二挺拳銃は持たない宣言をしたと思ったら、こんな映画でこんな役とは(^^;)でも、かなりいい演技でした。コミカルな演技に会場では、クスクス笑いが広がっていました。
ヴィッキーの役どころは、脇役だとは思っていましたが、物語の8割5分が終わった頃の登場で本当に脇役(^^;)スーチンおばさんの娘役で、感情の起伏の激しい今時の女性の役でした(^^;)ただ、自分を捨てたスーチンへの怒りと母親への愛情が見え隠れする難しい演技をうまく演じていたと思います。

映画祭に来るたびに思うんですが、1週間東京で映画祭に参加したいなー。

映画バカのささやかな野望です( ̄□ ̄;)!!

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆

|

« 踊る大捜査線の舞台は? | トップページ | NBA開幕 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おばさんのポストモダン生活:

» 中国株の【ど素人達】が100万以上稼ぐ【中国人超投資術!】 [中国株]
一部の中国株内情を知るものが荒稼ぎしている極秘の中国株投資ノウハウ暴露!昨年40部限定販売したところ、なんと【1時間で完売】!雑誌・新聞からの取材依頼が殺到。知識・経験ゼロ、資金ほぼゼロで100万円以上稼いだ【ド素人】が続出してます。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 21時29分

» FXど素人だった主婦の【毎年120%以上の利益率 極秘FX投資法】 [FX初心者]
FXど素人だった主婦が密かに荒稼ぎしているFXノウハウ暴露!スワップと為替差益などを使いこなせば、素人でも超簡単に儲けられます。数あるFXマニュアルの中、支持されている理由は、私のノウハウにあります。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 22時07分

« 踊る大捜査線の舞台は? | トップページ | NBA開幕 »