« 清明神社 | トップページ | 泉岳寺 »

2006年10月25日 (水)

ブラック・ダリア

最近、これを観たいという映画が京都に入ってこない。
いや、全国配給の作品にこれといったモノがないのです。
配給会社さん、もう少し考えてくれい。

前にも書きましたが、TOHOシネマズ二条に行こうということで、何を観よっかなと思案したところ、ブライアン・デ・パルマ監督作品があるじゃないですか。じゃあ、それ、とばかりに観てきました。

ブラック・ダリア

D664b503

 

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク

 

 

 

 

 

 

 

ブライアン・デ・パルマ監督作品と出会ったのは、いつでしょう。
確か小学生の頃だったと思います。田舎には映画館というものもなく、今みたいにレンタルビデオが普及していませんでした。唯一、田舎モノが映画に触れることができるのは、テレビ。その中でも、案内役の淀川長治さんの独特の語り口が印象的であった日曜洋画劇場は、毎週欠かさず観ていました。そんななか、小学生にとっては、暗く、恐ろしい印象の映画なのに、なぜか好きだった作品がパルマ監督の『殺しのドレス』。親が早々に寝てしまい、暗くだだっ広い居間で、一人食い入るように観ていました。それ以来、パルマ作品は、『ミッドナイト・クロス』『ボディ・ダブル』『アンタッチャブル』などたくさん観ました。ただ、最近の作品も観ているのですが、少し毒づいた印象が薄らいだ感じで少し不満だったのです。

で、今回、この作品でようやくパルマ監督らしい映画が帰ってきたぞという感じです。
なんだか胃の下あたりにぞくぞくした恐怖感が忍び寄る感じがたまらないですね。シナリオも一度見ただけでは理解し難い難解さで、通好みでしょう。DVDになったらもう一度、じっくり観たいと思う作品でした。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆☆☆

|

« 清明神社 | トップページ | 泉岳寺 »

コメント

昨日はどうもです。
これからたまに覗かせてもらいますね~。

投稿: 仙凡 | 2006年10月28日 (土) 10時14分

こちらこそ、ありがとうございました。
こんなブログですが、よろしく(^o^)/

投稿: ホワイト | 2006年10月30日 (月) 06時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ダリア:

« 清明神社 | トップページ | 泉岳寺 »