« ゲド戦記 | トップページ | ハチミツとクローバー »

2006年9月 3日 (日)

麺屋 しゃかりき

京都の魔界は何処にある、ということで、京都の魔界探検シリーズをブログで作ろうかと思っていたら、紹介した後輩に先に探検されたホワイトです。
さらに気がつけば、友人が怪しい神社を散歩していたらしい。
俺って、サトラレ(*^^*)

ということで、ちょっと勢いが削がれたので、ラーメンでも紹介しておきます。

麺屋 しゃかりき

200609011325_1

住所:京都市中京区千本丸太町西入ル北側
TEL:075-813-5189
営業時間:AM11:00~PM10:00
       スープが無くなり次第閉店
定休日:なし

限定ラーメンがあるらしかったのですが、何度か足を運んだ時には、売り切れでした。
今回は、たまたま午後から休暇が取れることになったことをいいことに、限定ラーメンとやらを狩りに行ってきました(`´メ)

200609011308_1













和風煮干ラーメンです。

基本は、流行の魚貝系ダブルスープなのですが、動物系が豚骨ではなく、鶏がらを使っているらしいです。スープが澄んでいるいて、繊細な煮干の味がきちんと伝わってきます。
トッピングも、チャーシューや煮たまご、たまねぎ、あと変り種はワンタンが入っています。
麺は細麺で弱点が見当たりませんでした。美味しいです。

あ、弱点はひとつ。
店員がつっけんどんなこと。
「煮干ラーメンありますか」
「あります」
「じゃあ、ギョーザセットでラーメンを煮干ラーメンに変更できますか?」
「できますが、具が変わります」
「……」
「何にしますか?」

こっちが聞きたい。
具が変わるって、何が入っているんですか

結局、セットのラーメンとの違いはわからず(>_<)
ワンタンなのか、たまねぎなのか、それともチャーシューの大きさでも変わるのか。

サービス業って難しい。
気配りひとつで客の印象が変わってしまいます。
ちなみに、私は頑固おやじの店とか嫌いです。
お店は、商品を売るだけでなく、満足感も併せて売らなければならないと思います。
気持ちよく食べられる平凡な食事と気を使いながら食べる美味しい食事。
私は前者を選びます。

難しいかもしれませんが、どんな時でも笑顔で接客しましょう。

スマイル0円

|

« ゲド戦記 | トップページ | ハチミツとクローバー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 しゃかりき:

« ゲド戦記 | トップページ | ハチミツとクローバー »