« GUNDAMWAR 2006年度チャンピオンシップ予選大阪大会 | トップページ | 春の日のクマは好きですか? »

2006年8月 4日 (金)

探偵ガリレオ

普段は、平凡な平リーマンを演じようとするも、少しずつマニアオーラを出ているらしく、これでは立派なスパイになれないなぁと反省しきりのホワイトです。
最近、カードゲームやらアニメやらに染まりすぎる傾向にあるので、リバウンドが出て科学雑誌やら推理小説を読みたくなりました。欲張りな私が選んだ本を紹介します。

探偵ガリレオ 探偵ガリレオ

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

特に新作というわけではありません。
今までに『放課後』『卒業 雪月花殺人ゲーム』『学生街の殺人』『仮面山荘殺人事件』『十字屋敷のピエロ』『ゲームの名は誘拐』と6冊読破している東野圭吾なので、安心して読めるかなと考えて、買って見ました。
7冊目にして、初めて連作シリーズものです。新作ではありませんので、あしからず。

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年……警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連絡ミステリーのシリーズ第一作。(うらがきより転載)

短編集ということで、気楽に読み進めることができましたが、反面、あっさりし過ぎました。推理小説に浸りたい気分の時には、もう少し濃い内容のものを選択すべきでしたね。
内容で気になることがあったのですが、推理小説の場合、読者に推理できるだけのセンテンスを提示した上で、探偵があっといわせる推理力で解決させる必要があるのですが、私の理系能力に問題があるのか、もう少し伏線を一般人向けにしないとまずいのではないかと思われる作品がありました。科学者が探偵ということで、設定上やむをえない部分がありますので、作者としては難しいバランスなんでしょうね。電車などで旅行に行く機会があれば、旅の友にいい感じの作品群でした。

ちなみに私の今のところの一押し東野作品は、『卒業 雪月花殺人ゲーム』です。

|

« GUNDAMWAR 2006年度チャンピオンシップ予選大阪大会 | トップページ | 春の日のクマは好きですか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 探偵ガリレオ:

» 探偵ガリレオ [datw]
nice.. [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 03時05分

» 探偵ガリレオ [乱読日記]
東野 圭吾 探偵ガリレオ [要旨] 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・... [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 18時35分

« GUNDAMWAR 2006年度チャンピオンシップ予選大阪大会 | トップページ | 春の日のクマは好きですか? »