« DEATH NOTE | トップページ | ジャスミンの花開く »

2006年7月18日 (火)

GUMDAMWAR

もうそろそろ、このブログを読んでいる人(特に同僚)には、私のオタク度が知れわたってきたと思いますが、おそらく個人的には世間的な一般常識人からは一番オタクだと言われる可能性が高いものを紹介してみます(*^^*)

GUNDAMWAR

Gundamwar TVアニメ『機動戦士ガンダム』をモチーフに作られた対戦型トレーディングカードゲーム

すべてがリアルな機動戦士ガンダムTCG!
登場MS、登場人物はもちろん、作戦名、戦法、コロニー落としの要素までガンダム戦史を忠実に再現!
ガンダムファンであれば、ライトな方から
ヘビーな方まで十分楽しめる、全く新しい「ゲーム」の形、それが二人用の本格的な戦術級対戦TCG(トレーディングカードゲーム)「ガンダムウォー」です。(公式HPより)



三国志大戦を紹介した以上に、一般常識を愛する皆さん、引いてください(*^^*)

以下は、ホワイトによるガンダムウォーの解説です。

これは、上にも書きましたが『機動戦士ガンダム』をモチーフにしたカードゲームです。ですからガンダムファン以外の方には楽しめません。私は、頭からつま先までガンダム世代なので、一応、今まで放映されたものは、おおよそ観ておりますので、参加する権利があると思ってます(^^;)

次に、これは対戦型カードゲームです。つまり、基本的には1対1で対戦するゲームです。
細かいルールは省略しますが、基本50枚で構成されたデッキ(自分のカード群)を使い、ユニット(モビルスーツ等)、キャラクター、コマンド(魔法のようなもの)、オペレーション(魔法のようなもの2)、G(魔力のようなもの)を駆使し、相手の本国(HPのようなもの)を無くした方が勝つゲームです。カードの種類は、販売元のバンダイの商業戦略により(^^;)、2ヶ月程度で新しいカードが補充され、今では数百種類のカードが存在します。

ここまで読んで、一般常識を愛する方はおそらく、『子供のお遊びじゃないか』『中高生のオタクがやるゲームだろう』という感想をもたれているのではないでしょうか。
結論的にいうと、おっしゃるとおりです。
そう思った方は、関与しないでください。そんな方に楽しさを説明しても無意味です。そのまま、常識に埋もれていてください。
社会に貢献してください。
子供の前で赤信号を渡ってください。
ギャンブルで借金してください。
不倫相手に愛を語ってください。

……。

私は、そんな常識にはまったく興味がありません!

私がこのゲームを評価する点は2点あります。

一つ目は、戦略型ゲームであること。数百種類のカードの効果を把握し、その時の対戦相手の動き、弱点、展開を判断し、最も効果的な戦術を繰り広げたプレイヤーが勝ちます。ちなみに、私は最初、まったく勝てませんでした。それは、私が低レベルだったからです。

つまり、頭の固いバカでは勝てません!

二つ目は、ハンデがないこと。これは強さのハンデではありません。例えば、私と小学生が戦っても対等に対戦します。いくら常識があろうが、資産があろうが、彼女がいようが(関係ないけど)、地位があろうが、まったく関係ありません。小学生と対戦するときにも、最初には、「おねがいします」と礼をし、負けたら「参りました」というのがルールです。
これは、とても素晴らしいことです。
囲碁や将棋、オセロやチェスなども同じですが、精神的に対等に遊べることは、お互いを尊重し、交流することができます。

最近、ようやく努力の成果が出てきたのか、最も強い(頭の回転の早い)世代である大学生や20代前半の若者が多数参加する大会で入賞できるようになりました。
おかげさまで、彼らとも仲良くなることができました。仕事以外でこうやって若者と交流できる機会が少ない私達にとっては貴重な体験だと思います。

先日、京都で一番レベルが高いと思われる大会で優勝しました。

私の嫌いなもの。常識、世間体、普通、地位、先入観……。

別に逆切れしているつもりはありませんが、してますか?(*^^*)

|

« DEATH NOTE | トップページ | ジャスミンの花開く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GUMDAMWAR:

« DEATH NOTE | トップページ | ジャスミンの花開く »