« ブレイブストーリー | トップページ | 探偵ガリレオ »

2006年7月31日 (月)

GUNDAMWAR 2006年度チャンピオンシップ予選大阪大会

オタクレベル上昇中のホワイトですが、ここに極まれり?事例を以下のとおり、掲載します。説教や非難は受け付けませんのであしからず。

以下は、7月30日に大阪で開催されたガンダムウォー「2006年度チャンピオンシップ予選大阪大会 Cブロック」の対戦記録です。 申し訳ありませんが、ガンダムウォーに興味のない方には、大部分理解できませんが、解説はいたしませんので、ご了承願います。

今年の大会ですが、広島、名古屋の結果を受けて、私が対策を講じる必要があると考えたのは、以下のとおり。
1 緑中速(拠点タイプ、一日タイプ)
2 茶黒恫喝MF
3 青ウィニー
4 白中速
5 ジオンウィニー

使用デッキ:茶黒恫喝MF(レシピは最後に)

茶単破滅を愛用していたが、レギュレーションから勝てる要素が激減してきたので、ここ1ヶ月ぐらいは、茶黒恫喝をまわしてきた。直前で茶単と迷ったけど、知り合いのアドバイスなどもあり、茶黒恫喝を使用することにした。ただし、最近、シーマ、ニムバス、ドモン、アルゴ、ヒイロ、シャアなど始末に困るキャラクターが満載なので、公開処刑を3枚突き刺して戦うことに。

会場には、約600名~700名のガンダムオタクが終結。勝てるのか、俺。

1戦目:赤茶武器供与 ○××
1本目 こちらは順調に展開。相手赤Gでカウンターを警戒するが、たいした被害はないまま、ドラゴン×2やボルジャで殴る。途中で、武器供与デッキであることが判明したが、拘束系オペを引かれず、撲殺。勝ち。
OUT:公開処刑×3 IN:シャクティ×1、懐柔×1、とんずら×1
2本目 Gは順調に展開するが、資源が作れず停止している間に、相手は密約、没収などドローソースでブン回り。30枚ぐらいの本国枚数聞かれる(^^;)武器供与からAWに繋がれ、即死。負け。
3本目 お互いに事故。マリガンで4枚になった時点で、ひよった私は黒G1枚で妥協。相手3枚スタート。すると先に3枚目のGを置かれ、密約から相手回り始める。こっちは、事故のまま、武器供与、AWで投了。3枚になっても、茶G+とんずらを探すべきだった。負け。

1回戦から地雷を踏みました。なんで、武器供与なんですか。完全メタ外の上、つよ!
負けたため、もう後がなくなりました。知り合いのみなさんは、おおむね順調に勝っている様子。切ない心境で2回戦に突入。心はもう、ブルー。

2戦目:青黒ブーストタイタニア ×○○
1本目 こちら普通に展開。相手、アンマン、アナハイムとブースト準備。鈴音でタイタニア2枚引き(^^;)こちらがユニット張る前に出されて、クイックカツを処刑するも、ディアナ帰還のみでは守りきれず、負け。次負けると終了です。
OUT:公開処刑×1、凌駕×1 サイサイシー×1 IN:隠遁者×1、排斥×2
2本目 茶、黒、隠遁者揃って、G防御完了(^^;)ドラゴンやシャイニングを展開する。相手当然ユニットはタイタニアしかないので、張って、回復アムロ降臨。処刑引いてないが、関係ないです。恫喝プレイ。撲殺。勝ち。
3本目 相手事故気味。こちら隠遁者引けないが、ボルジャ×2でパンチパンチ。相手のブーストが怖かったが、先に資源を掘ることに成功し、黒Gからドラゴン、恫喝。ドラゴン、ボルジャ×2で撲殺。勝ち。冷や汗(^^;)

またも、メタ外ブータニア。大阪ってワンダーです。
京都組は、なお順調に勝っているらしい。とりあえず、メタデッキに当たりたい

3戦目:茶黒恫喝MF ○○
1本目 茶黒キター(゜∀゜)!!!! 意味不明に嬉しい。お互いに動きは知っているので、様子を見ながら展開。こっちより先に5G溜められ、シャイニングリング出撃後、クイックドラゴンと言われる。なので、カットドラゴンを宣言。するとカット恫喝!首をかしげつつ、今度は、ディアナを配備し、回復しつつ、打点はドラゴンのみで抑える。今度は、こっちドラゴン+アルゴで反撃。勝ち。
OUT:公開処刑×2、茶G×1 凌駕×1 IN:共闘戦線×1、とんずら×1、隠遁者×1 初起動×1
2本目 茶黒隠遁者でG防御完了。あんまし覚えていないが、相手G黒満載で勝った気がする。

頭に熱が篭り過ぎたのか、このあたりの記憶があまりありません(^^;)
ここで京都組に一部負けが生じる。予想外。なぜか、俺がけっぷちのまま、勝ってます。

4戦目:赤黒ディニダビド ○○
1本目 相手赤黒見るも、ユニットほとんど見えない。恐る恐るドラゴンで殴る。なにも飛んでこないので、サイサイシー載せて、打点アップ。ジオでぱくられる(^^;)想定内なので、シャイニング+アルゴを展開。敵に回ったサイサイシーを処刑(^^;)そのまま、殴る。最後にディニダビド出てきて、毒5枚もらうも、返しにクイックドラゴンで殴りきる。勝ち。
OUT:公開処刑×3、ディアナ×1 イン:共闘戦線×1、初起動×1 排斥×2
2本目 お互い順調に展開。ドラゴン、シャイニング展開すると、相手混戦セット。仕方ないので、アルゴ(^^;)シャクティをおとりで打つも、通し。そのまま、殴り続けて、勝ち。

また、地雷?でした。不可思議なあたり方。ウィニーにあたらず、助かっている。
京都組の強豪があたりが悪く一部敗退が発生。ワンダーデッキが多いよ大阪。

5戦目:茶黒恫喝MF ○×○
1本目 最終戦で手が震える。相手も初めて上位卓に座るらしい。お互いに互角の展開。相手警戒して、ボルジャにアルゴ搭乗。こっちは、クイックドラゴン展開し、アルゴを倒しに行く。成功したので、こちらのアルゴ搭乗(^^;)相手は、シャイニング+ドモンセット。処刑が突き刺さる(゜∀゜)!!!! ディアナを引かないらしく、そのまま圧殺。勝ち
OUT:公開処刑×2、茶G×1 凌駕×1 IN:共闘戦線×1、とんずら×1、隠遁者×1 初起動×1
2本目 互角の展開だが、相手ディアナ配備済でにらみ合い。手札にドラゴン+恫喝を握って、相手手札0枚。チャンスと思い、クイックドラゴン+恫喝を宣言。ここで、大きなミスプレイ。隠遁者ロールし忘れ(^^;)仕方なく、恫喝打つも、ディアナ引かず、負け。

3本目 緊張の3本目。共闘戦線割られ、シロッコの目を打たれた気がします。……内容忘れました。でも、気がついたら勝ってました(^^;)

最終戦あたりはもう頭モワモワ状態なので、3戦目と記憶が被っています。間違ってたら、すいません。ただ、シロッコの目を何度か打たれた気がします(^^;)2本目のミスプレイあたりから、動揺して、記憶がありませんね。今度は、きちんと覚えていましょう(^^;)

で……、な・ぜ・か、入賞決定(゜∀゜)!!!! サブマリン成功!

上位卓は緑水、黒重、緑中速、青ウィニー、破滅、カンクス、クロボン等いたらしい。
結局、ウィニーにも緑中速にも当たらなかったことが幸いし、たなぼた入賞。引いた英雄十字は「茶色」今日一番の神降臨か(^^;)
相対的には、緑が多かったが、予想外に赤も多数存在。観ていないが、巣立ちデッキやオリジンフォウなど地雷系も多数存在したらしい。大阪って怖いよ(^^;)

デッキリスト:茶黒恫喝MF(処刑使用)

茶 U 100 ボルジャーノン 3
茶 U G1 シャイニングガンダム  3
(バトルモードの方が打点強いが、どんなデッキにも対応できるように、リロールインを重視した)
茶 U G3 ドラゴンガンダム 3
茶 CH G3 サイ・サイシー 1
(気化爆弾祭りを警戒した)
茶 CH G5 アルゴ・ガルスキー 2
黒 C 14 恫喝 3
黒 C Z6 公開処刑 3
(キャラゲーをメタる。結果、ドモンに突き刺さる)
黒 C Z18 シャクティの祈り 1
茶 C 2 宝物没収 3
茶 C 8 月のマウンテンサイクル 3
紫 C 2 戦場の鈴音 1
茶 O 35 共闘戦線 1
茶 O 62 ディアナ帰還 2
茶 O X31 ニュータイプの排除 2
紫 O 1 凌駕 1
黒 G ※ 黒基本G 5
茶 G ※ 茶基本G 12
紫 特G 15 隠遁者 1
●サイドボード
茶 U 67 ∀ガンダム(初起動時) 2 (対ウィニー)
茶 C 14 ディアナ排斥計画 2 (対白、緑中シーマの餌)
黒 C 10 連邦議会の懐柔 1 (逃避行対策)
黒 C Z18 シャクティの祈り 1
茶 O 35 共闘戦線 1 (対茶系)
紫 C 1 THE ORIGIN 1  (事情聴取、アカツキ対策)
茶 O 33 とんずら 1 (対茶)←友人に進められて直前に封入。武器供与に利いたはず
紫 G 隠遁者 1 (対恫喝)なぜかタイタニアに突き刺さる(^^;)

|

« ブレイブストーリー | トップページ | 探偵ガリレオ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GUNDAMWAR 2006年度チャンピオンシップ予選大阪大会:

« ブレイブストーリー | トップページ | 探偵ガリレオ »