« 深津絵里のblack comedy | トップページ | 天龍八部 »

2006年6月17日 (土)

木島ラーメン どん

後輩に味噌らーめんの捜索依頼を受けて数週間。らーめん屋に入るたびに味噌らーめんを頼んでいるホワイトです。
もうそろそろ限界です(^^;)
僕に塩らーめんを食べさせてください。

木島ラーメン どん

200606021834住   所:京都市上京区今出川通七本松東入る南側
電話番号:075-465-2225
営業時間:11:30~14:00、17:00~26:00
定 休 日:月曜日


京都の味噌らーめんをネットで探していると、いくつかヒットしたので、近くの店を探していってみました。外観はかなり奇抜な感じですが、店の中は、カウンター形態のオーソドックスならーめん屋です。
メニューを眺めるも、後輩の指令に反逆することかなわず、味噌らーめんを注文する。

200606021757_1













味噌らーめんというと、味噌あじのインパクトを求める場合が多いですが、このらーめんはそういう雰囲気ではなく、スープの味を生かしつつ、味噌で風味をつけているような味でした。喉に残る感じはなく、あっさり味噌らーめんです。
衝撃的な出会いを求めるわけではなく、毎週味噌らーめんが食べたい人にはおすすめでしょうか。私は、焼飯の定食のラーメンを味噌にチェンジしたのですが、女性では食べきれないぐらいの焼飯の量なので、控えめに注文すべきかもしれません。

いや、私は塩らーめんが好きなんですよ。……ほんと。

|

« 深津絵里のblack comedy | トップページ | 天龍八部 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木島ラーメン どん:

« 深津絵里のblack comedy | トップページ | 天龍八部 »