« 木島ラーメン どん | トップページ | 三国志大戦2 撃沈 »

2006年6月19日 (月)

天龍八部

韓国ドラマのおかげで、アジアの映像商品の輸入が増えて、嬉しいのか、複雑な心境です。私は、もともと香港映画が好きなのですが、最近、香港を抜けて、中国本土製作のドラマにはまっちゃいました。

天龍八部

Image0319_2北宋の哲宗時代を舞台に、雲南大理国の段誉、契丹人でありながら漢人として育った簫峯、少林寺の虚竹、大燕国の末裔の慕容復の四人を中心に繰り広げられる大河ロマンの傑作!
雲南大理国の城郭セットは、制作費20億円!
アクションシーンでは、ワイヤー飛びまくり。登場人物も魅力的な人々満載の大武侠映画です。紹介HPはこちら。








このドラマを見たら、日本や韓国のドラマは、スケール感が無さ過ぎて観る気が失せてしまいますよ。NHKは、あれだけの予算を使って、なんじゃあれ、と思ってしまう(^^;)

出てくる人物それぞれのキャラクターは濃いし、時代背景や設定も凝っています。
おすすめ登場人物は、四大悪人(*^^*)
キャラが面白すぎ。

あと、日本のドラマと違うところがあって、各話の終わりが、日本なら次回話へ引きが必要なため、盛り上がった部分をあえて作ってしまうところがありますが、中国ドラマは違います。なんの前触れもなく、突然終わってしまいます。なので、逆に次を観ないとなんだか収まらなくなってしまいます。

最後にホワイトらしい部分を紹介しますと……

木婉清(ぼく・えんせい)可愛いすぎです!

Boku_ensei
あえて言おう、萌えであると(*^^*)/

|

« 木島ラーメン どん | トップページ | 三国志大戦2 撃沈 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天龍八部:

« 木島ラーメン どん | トップページ | 三国志大戦2 撃沈 »