« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月29日 (月)

三国志大戦

このブログを公開することで、徐々にマニアックな趣味が公開されつつあるホワイトです。
ここ最近、寝る間を割いて楽しんでいるコアな楽しみがありますので、紹介してみます。

三国志大戦2

中国大陸・後漢王朝の時代、魏・呉・蜀の三国による群雄割拠の戦乱時代を描いた「三国志」をトレーティングカードゲーム化。
劉備や関羽など、三国志に登場する武将をデザインした100種類以上のトレーティングカードの中から、最大8枚まで組み合わせて戦略を練りながら敵陣の城の陥落を目指します。【オフィシャルHPより】

ゲームセンターの全国対戦型ゲームの一つで、昨年?あたりから導入され大人気ゲームです。
このゲームは、今までのゲームと違って、スティック型のインターフェイスではなく、カードを「フラットリーダー型筐体」と呼ばれる読み取り用の盤面に置くことで、武将を戦場に呼び出し、敵の城ゲージを減らす若しくは落城させるというシステムになっています。

Photo_8










で、なぜこのゲームが楽しいのか。
一つに、全国対戦型ゲームであること。最近は珍しくなくなってきましたが、このアーケードゲームは全国に通信で繋がっています。ですからコンピュータと戦うモードもありますが、

基本は敵は人間です。

当然のように、敵はいろんな戦法や武将の組み合わせで戦ってきます。オリジナリティ溢れる戦法や猛者の戦法を真似るプレイヤーもいます。

Photo_9

続きを読む "三国志大戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

レイン 雨の日に生まれた戦士

連休前に4冊ほど本を買いましたが、やっと読み終わりました。時間がかかってしまった。
どうぶつの森をプレイする時間を読書に回せよ、と心の声が聞こえますが、また、DSLiteの電源を入れる日々を送っております。

レイン 雨の日に生まれた戦士』

レイン ―雨の日に生まれた戦士 レイン ―雨の日に生まれた戦士

著者:吉野 匠
販売元:アルファポリス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大陸ミュールゲニア―― 長く続いた平和な時代も今まさに終わりを告げようとしていた。北の大国ザーマインの脅威に直面し、滅亡の危機にある小国サンクワール。やがて……戦士と王女は出会い、歴史が動きはじめる!剣と魔法の最強戦士ファンタジー【出版社より】

続きを読む "レイン 雨の日に生まれた戦士"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

新進亭

なんだか、また週一回はラーメンを食べるライフスタイルに戻りつつあるホワイトです。
以前は、京都北白川の激戦区のラーメンを制覇すべく、毎週金曜日はラーメンの日に勝手に定めて、食べ歩いたものですが、最近はぽつぽつと新しい店を開拓するに止めていたはず……なのに?

今回ご紹介する店は、京都の味噌ラーメンではかなりの有名店で、紹介するまでもないのですが、なんとなく改めて食べてみたので……。

新進亭

 住   所:京都市中京区二条通麩屋町西入晴明町682
 電話番号:075-221-6202
 営業時間:10:30~17:00
 定 休 日:月曜日、第3日曜日(あと、店主がマラソン大会に出場する日)
 お店のHPがないので、こちらを参考にどうぞ。

お店の看板メニューは、白味噌ラーメンです。
味噌味をつける味噌に、京都ではお雑煮でも使われる白味噌を使っています。私の知る範囲では、京都では他に出している店は観たことがありません。

ということで、看板メニューを注文

200605191312
白みそラーメン 中盛820円

続きを読む "新進亭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

京都五行

ブログを公開し始めて5ヶ月になりますが、最近、徐々にアクセス数が伸びはじめたのがうれしくなってしまい、職場でブロガーであることを暴露してしまいました。
職場でも、ある程度はマニアであることが受容されつつはありますが、このブログを観られることにより、……まずかったかなぁ(^^;)

そんな経過で職場の後輩から「おいしい味噌ラーメンの記事を載せろ」との業務命令?が飛んだので、ひねくれものの私は、塩ラーメンの新しい店を探索に出たところ、定休日でした。うぬ、呪いですか(^^;)
ということで、背に腹は変えられず、ちょっと変わった味噌ラーメンのお店を紹介します。

京都五行
住   所:京都市中京区柳馬場通蛸薬師下る十文字町452
電話番号:075-254-5567
       四条通から柳馬場通を北に上がり、錦市場を横切って左側。
営業時間:11:45~15:00、17:00~0:00

お店は、ラーメン専門店ではなく、居酒屋やBARとの複合型の店です。
基本的に、居酒屋で飲んで、締めにラーメンを食べましょうというコンセプトらしいです。

日本蕎麦屋では"飲んでつまんで麺で締める"というのが江戸の昔から続く粋なスタイル。五行はいわばその中華麺版「中華麺酒家」をコンセプトとする、"ラーメンの新しい楽しみ方を提案"するダイニングスペースです。
ひと手間を惜しまず作る一品料理と焼酎、そして、"焦がし"の手法を用いた斬新なテイストの中華麺を、ゆったりと満ち足りた空間の中で・・・どうぞごゆるりとおくつろぎください。 【お店HPより】

で、注文したのは、こちら。

200605161827
焦がし味噌麺 ¥850

続きを読む "京都五行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

コスプレ居酒屋LittleBSD Ⅱ

ホワイトと友人の東京放浪記(秋葉原編②)】4月15日

秋葉原の夜、メイド居酒屋:LittleBSDでの惑わされ体験記の続きです。

私と友人アプリコットさんは、初体験ということもあり、なんだかきょろきょろしていまっていたのではないと、今から考えると思うのですが、そんな2人の心に余裕を与えるまもなく、フードメニューが並びます。
基本的には、通常の居酒屋メニューと価格も種類もさほど変わりませんでした。
しかし、前号で注文した「小悪魔のしずく」もそうですが、フードメニューにもいくつかのオリジナルメニューが存在します。以前にTVの特集番組で、なんというサービスをするんですか!と思っていたメニューがこちら。

Photo_5





小悪魔おにぎり ¥380
鮭・梅・そぼろ・わさび海苔・おかか・明太子・ツナマヨ・キムチ

別に、種類が豊富だからオリジナルというわけではありません。

目の前で、小悪魔がにぎってくれるんです!

ちなみに、心に余裕の無かった私は、選択肢として与えられたハート形を選びましたが、小悪魔さんの可能な形なら、なんで握ってもらえます。
なんというサービスですか、これは。
心が砕けていく音がひそかに聞こえます(*^^*)

カウンター席が空いたようなので、席を移動しつつ、つづいてのオリジナルメニューを注文しました。

Photo_6





ロシアン肉球 ¥680
6つの肉球のなかに一つだけ弾丸(激辛)が入っています。

アプリコットさんと順番に食べさせていただきました。
外見上は、トマトソース?がかかっていて、弾丸の見分けがつきません(^^;)
この日、なんだかツイテル私は、見事に弾丸に打ち抜かれました!
関西人としては、実においしい体験ですが、カウンターということで、周辺に小悪魔さんがいらっしゃるので、おいしいやらこっぱずかしいやらで、きっとニヤニヤしていたに違いありません。

さらに、居心地が良過ぎて、いっぱい注文しまくり、かなりお腹が一杯になったところで注文したものがこちら。

Photo_7





闇串 ¥1000
小悪魔が狩ってきた獲物が刺さっています。

本日、狩られた獲物のなかに、居酒屋では見慣れないものが刺さっています。

ど○焼きが刺さっているじゃあないですか!

すいません。
満腹加減の胃袋に突き刺さりました(*^^*)
ちなみに、このメニューはその日に小悪魔さんが狩ってきたものが刺さるので、日替わりで何が刺さっているのかお楽しみらしいです。

魂が刺さっていることもあるんですか?

私の魂も抜かれてしまいました。
このお店が京都にあったら、非常にまずいです。
毎週のように魂を抜かれにいかねばなりません(^^;)
なんとか今日まで生き延びております。

まだまだつづく小悪魔体験は次号につづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

Vフォー・ヴェンデッタ

近未来なんです。
でも、ナイフなげちゃうんです。

ということで、この映画を観てきました。

VVフォー・ヴェンデッタ
 出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング
  MOVIX京都ほか全国ロードショー中


第3次世界大戦後の英国が舞台。独裁国家化した社会で、主人公イヴィー(ナタリーポートマン)は、仮面の男:Vと出会う。Vは情報操作と恐怖で支配する政府の転覆を図り、イヴィーも巻き込まれていく。正体不明の仮面Vは誰なのか。なぜ、政府転覆を図るのか。11月5日に予告されたクーデターは成功するのか。

私の好きな近未来SFものであり、また、なぜかナタリーポートマンの出演映画はほとんど観ているということもあり、観てみたのですが、まずまずの出来といったところでしょうか。物語が英国を舞台にしているということで、日本人には理解しにくい背景があったり、岩窟王(モンテ・クリスト伯)を知らないとわかりにくいセリフがあったりしますが、アクションがちりばめられ、またナタリーの演技もなかなかのものですので、それなりに楽しめます。

実のところ、私は最近まで、『岩窟王』をまったく知りませんでした。
たまたま、最近、『岩窟王』がアニメ化されたものが面白く、西洋の古典文学にはほとんど興味がないのに、なんとなくしってしまったんです。
思わぬことが役に立つものです。余談ですが、このアニメ、個人的には結構面白いと思います。

なお、この映画、R指定がかかっておりますので、子供さんは観られません。
岩窟王だけ観てください。

悪徳ホワイト映画評価ポイント:☆☆+

巌窟王 第1巻 巌窟王 第1巻

販売元:メディアファクトリー
発売日:2005/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟

本を読む時間は、自分が最も個人的な存在であると感じられる時間ではないでしょうか。

日常生活は社会に適合せねばならず、仕事や学校というものは他者との関わりで成立していく。けれど一人で読書に埋没する時間は、他者との関わりを絶ち、己の空想世界に埋没できるものです。私は、この快感から脱出することはできないでしょう。

と、難解そうなことを書いてみましたが、読んだ作品は中高生向けライトノベルです。

ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟

著者:上遠野浩平
イラスト:緒方剛志
発行:電撃文庫(メディアワークス)

上遠野浩平のブギーポップシリーズの最新刊です。
あまりライトノベルを読まれない方は知らないかもしれませんが、私が知る範囲ではここ10年ぐらいで最も読まれているライトノベルのシリーズではないでしょうか。
映像化、コミック化もされ、新刊書が発売されると、新聞の売れ筋ランキングにも顔を出す恐るべきライトノベルです。

“不寛容” な奴は―― 誰だ?

世界を焼き尽くそうとする怒りと、全てを凍らせようとする無意識。
嘘で固められた世界の謎に挑もうとする者と、嘘を押し通すため謎を利用しようとする者。
これは、そんな人々が織りなす虚しき仮面劇。
その結末に待つものは、燃える世界か、凍れる未来か――
容赦なきブギーポップは、如何なる裁きを下すのか?
【電撃文庫HPより抜粋】

出版社の紹介文を転記してみましたが、初めて手に取る人にはよくわかりませんね(^^;)
物語は、ブギーポップという都市伝説が語られる世界。
複数の人物の思惑が絡み合うなかで、世界の敵を排除する存在として自動的に出現するブギーポップ。特殊な力をもつ合成人間やMPLS、謎の組織・統和機構。
それぞれの話の中で登場する人々は、共有する時間軸、世界観の中で、異なることを感じ行動する。それらが精密に絡み合い、そして、物語の終幕へと収束していく様は圧巻です。

このシリーズは、群像劇です。

例えば、放火事件が発生したとします。

放火犯:A、放火を目撃する人物:B、放火された家の持ち主:C、路上で放火犯とすれ違っただけの人:D、消火にあたった消防士:E、高層ビルの最上階レストランで女性を口説きながら燃える火を眺める男:F

これらの登場人物は、同じ時間軸で同じ事件を共有します。
例えば、AとFが知り合いだったら。BとDが別の場所で事件の話題を耳にしたら。
こういった出来事が、それぞれの視点で、また時間軸の中で前後しながら語られていく。別の人物の中では謎となっていることは、別の人物にとってはたわいもないことであったり、苦労して達成した事柄を別の人物に邪魔をされる。

え、あの時のあれは、そんなことだったのー!

と空想世界の僕は、こころ躍り、至福の喜びが味わえる。

映画『シックスセンス』などの仕掛けが楽しめる方には、おすすめのシリーズです。

オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス

著者:上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 8日 (月)

コスプレ居酒屋LittleBSD

ホワイトと友人の東京放浪記(秋葉原編①)】4月15日

洒落た街・恵比寿でらしくなく爽やかな気分になったところで夕刻を迎え、友人のアプリコットさんと合流すべく、本日の晩餐及び宿泊地である秋葉原へ向かいました。
秋葉原は、おたくの聖地ということもあり、私は何度も訪れているホームグラウンドでありますが、夜の秋葉原は久方ぶりです。普段は、渋谷のセンター街やら駅前やらの喧騒が好きで、一人での宿泊は渋谷が多いのですが、今回は目的がありまして、友人と相談して秋葉原での宿泊を計画しました。

秋葉原の駅を出ますと、いきなり女の子2人組が路上ライブをしております。
あぁ、秋葉原ですね(^^;)
少し見学したい衝動に駆られたのですが、女の子はともかく、真剣に至近距離でカメラを覗くABOY達がえもいわれぬ雰囲気をかもし出していたので、スルー(^^;)
しかし、あとになって考えると、路上ライブの様なものをみられたのは、この時だけだったので、敵の包囲網をかいくぐってでも、見学しておけばよかったと後日反省しました。

しかして、友人と合流して、本日最後の目的地であるお店へ向かいました。
(合流前までの友人アプリコットさんの行動はこちら

秋葉原の夜ということで、初メイドバー体験をしようではないか、という邪な計画が悪の秘密結社から指令されおり、友人を誘ってみたのです(^^;)

コスプレ居酒屋 小悪魔の宴 LittleBSD
Photo_2





住   所:東京都千代田区外神田3-7-12イサミヤ第一ビル4F
電話番号:03-3252-2733
       JR秋葉原駅より 徒歩約7分 末広町駅から 徒歩約1分
営業時間:17:00~23:00(金祝前日は翌日5:00まで)
詳細は、お店のHP

舞台は秋葉原。小悪魔たちが繰り広げる宴の世界。
小悪魔たちは、アニメ・ゲームのコスプレに身を包み
あなたを惑わせることでしょう 【HPより】

惑わされて来ました(*^^*)/
お店に入りますと、メイド姿の小悪魔がお出迎えです。土曜の夜ということで、混雑しておりましたが、なんとかテーブル席に収まることができました。いったいどのような世界でしょうか、と戦々恐々しておりましたが、内装はおとなしめの基調で、店員がメイド姿である以外はお洒落な居酒屋といった雰囲気です。
東京を徘徊して、喉も渇いておりましたので、飲み物をチョイス。

小悪魔のしずく』をください!

特殊メニューがあるなら、それをいっとけ、が信条ですから(^^;)
で、飲み物が出てきたあたりで、友人があることに気がつく。
「BGMがすべてアニメだね」
……溶け込めます(^^;)
そういう人々が集う店ですから、当然といえば当然ですが、耳心地が良いです。
きちんとトータルコーディネートされています。

当日は、イベント開催中ということでしたので、映画主人公のコスプレをされている小悪魔が一悪魔おられました。

Photo_3
LittleBSDでは4月22日(金)公開の「アンダーワールド エボリューション」公開を記念して、SONY PICTURESとのタイアップイベントを行います。
アンダーワールドのキャラクターをイメージした限定ドリンクや限定フードをご用意してお待ちしております。
限定メニューを注文していただいたお客様には、その場でアンダーワールド鑑賞券があたるチャンスがあります!!
イベント開催期間:2006年4月10日(月)~21日(木)【終了】【HPより抜粋】


秋葉原だからできる技でしょうか。さすがです。
次号へつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

緑茶

ホワイトと友人の東京放浪記(恵比寿編)】4月15日

さて、魔界都市での放浪を終えた私は、次に恵比寿へ向かいました。
今回、恵比寿は初上陸なのですが、なぜ恵比寿なのかというと、それはホワイトが香港女優バカ……、いやヴィッキーチャオの大ファンだからです。
実は、上京の前、友人とプランを相談して、おおむね決まったあとで、ヴィッキー関連のサイトを回っていたところ、15日に恵比寿で主演映画が初日を迎えることが判明しまして、なおかつ、初日プレゼントなども用意されているとの情報もあり、これはいかねばなりません、ということに急遽なりました(^^;)
東京までせっかく来ているのに、映画を観るというのも少し考えるところではありましたが、いやいや、私は誰ですか?……ヴィッキーバカです……なるほど!、という決断(この間、約0.5秒(^^;)

Photo_13





到着と同時に目的地を探し始めました。
なぜなら、私はかなりの方向音痴なのです。今回も結局、あたりをうろうろ徘徊し、意味もなく駅を一周してしまいました。まったく。

ところで、今回目的の映画は、ヴィッキー・チャオ主演映画『緑茶』です。
ヴィッキーといっても、日本では少林サッカーの女の子ぐらいの知名度しかないと思います。仕方ありません。日本公開された前作?『ヘブンアンドアース』などでは、あまり活躍の機会に恵まれず、なかなか知名度があがらないんです。東京国際映画祭にも舞台挨拶に来ていたんですけどね。

Photo_2  『緑茶
  主演:趙薇(ヴィッキー ・チャオ)、姜文 (ジャン・ウェン) 
  撮影:クリストファー・ドイル
  東京都写真美術館ほか全国ロードショー……らしい。

【公式HPより抜粋】
デートをして次々と自分にふさわしい男性を探す、大学院に通うインテリ女性ウー・ファン(趙薇)。彼女は男女の愛の行方は、一杯の緑茶で占えると信じ、新しい男性と出会うときいつも緑茶を注文する。一方、派手な服を着て、夜な夜なバーでピアノを弾いては、花をプレゼントしてくれる男となら誰とでも寝てしまう女性ランラン(趙薇:二役)。ファンと出会い、恋に落ちる主人公チン・ミンリャンは、偶然、同時期にランランと知り合い、彼女たちが同一の人物ではないかと疑惑を抱きながら、ふたりの間を揺れ動く。グラスの中の茶葉のように浮き沈み、絡み合う男女の愛の行方を描き出す、現代中国のスタイリッシュな新感覚ムービー

昼と夜、清楚と妖艶の二つの顔を演じ分けるヴィッキー・チャオは、今やコン・リー、チャン・ツィイーらと並ぶアジアを代表する大人気女優である。世界的なヒット作『小林サッカー』(01)や、本作と同じくジャン・ウェンと共演した『ヘブン・アンド・アース』(03)の出演他、今後も大作への出演が控えている。
 素性の分からないチン・ミンリャン役のジャン・ウェンは『芙蓉鎮』(84)『紅いコーリャン』(87)などで世界的に知られる個性派俳優であり、監督でもある。自身が主演し監督した『鬼が来た!』(00)ではカンヌ映画祭でグランプリを受賞している

Photo_1





公開場所である東京都写真美術館というところに、迷走に迷走を重ねまくって、やっとたどり着きましたが、残念ながら、初日プレゼントはすべて配布済で入手できませんでした。残念!

映画の感想ですが、趙薇主演にもかかわらず、実はあまり大きくは期待していませんでしたが、意外に楽しめてしまいました。(いきなり趙薇のアップから始まったからではありません)
アクション映画の製作が多い中で、現代の香港を静かに、洒落た映像で見せながら、恋愛模様を涼しげな印象を表現されています。
私の穢れきった精神が、ほんの少し、浄化されました(^^;)
趙薇は、快活な女性と内気な女性を一人二役を魅力的に演じております。おそらくですが、女性の方が楽しめる作品なのではないでしょうか。
今まで日本公開されてきた趙薇映画とは一線を隔した作品です。

これを観て、また新しいファンが増えることに期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »